ダーマペンでクレーター(ニキビ跡)が治った!悪化することはあるのか正直に紹介

悩んでいる人
悩んでいる人

長年ニキビ跡に悩んでいます。
ダーマペンで改善された方が増えているそうなので、治療をしてみようとは思うのですが正直まだ不安で…。

美容ドクター
美容ドクター

ニキビ跡やクレーターは通常のお手入れでは改善は確かに難しいです。

ダーマペンはニキビ跡やクレーターに対して効果がありますが、肌質や状態によっては長期的な期間が必要になることや治療後に注意点もございます。

今回の記事で、「ニキビ跡やクレーターが治るのか?」「悪化するケースはあるのか?」など詳しくご紹介します。

>>今すぐクリニックを見たい方はこちら

ニキビ跡やクレーターに対しての症例写真をご紹介します。

ダーマペン施術によるニキビ跡やクレーターの症例紹介

ケース1:頬のニキビ跡(クレーター状瘢痕)の症例写真

出典:ヒルズ美容クリニック

ニキビが原因でニキビ跡(クレーター)に対して5回施術

完全に凹凸がなくなったわけではありませんが、跡が浅くなって目立ちにくくなっています。

ケース2:炎症ニキビによるニキビ跡の症例写真

出典:TAクリニック

ニキビ跡に対して3回施術

6回コースで通われている方の途中経過です。

ニキビやニキビ跡の凹凸、赤みが改善されています。

ダーマペン施術でも重度のニキビ跡や深いクレーターは長期治療が必要

重度のニキビ跡や、クレーターが深い場合は5回以上の治療が必要になります。

ケース3:炎症ニキビによるニキビ跡・クレーターの症例写真

出典:湘南美容外科

ニキビ跡によるクレーターに対して7回施術

ニキビ跡やクレーターのエリアが減少し、赤みが大幅に改善されています。

まだ途中経過である為、さらに治療は必要となります。

ダーマペン施術でニキビ跡やクレーターは悪化する?

症例写真を見ると改善が見込めますが、治療後のケアが重要となりますので以下の点に注意しましょう。

治療後のケアが重要

出典:ヒルズ美容クリニック

ダーマペンは肌の状態により針の深さが異なりますが微細な穴ができます。

治療後は以下の写真のように赤みや腫れ、出血を伴うこともあります。

出典:アーバンクリニック名古屋

治療当日にしてはいけないこと

・日焼け

・入浴(シャワーはOK)

・洗顔

・サウナや運動で汗をかく

・飲酒

・メイク

治療後の肌は大変デリケートな状の為、肌への負担や刺激は禁物です。

注意点を守らない場合は、ダウンタイムが長引くことや悪化するケースがありますので注意して下さい。

治療翌日からの注意すること

・日焼け対策

紫外線は通常の肌に対しても肌負担があります。

施術後の肌は特にダメージを受けやすい為、日焼け対策はしっかり行ってください。

・洗顔

施術翌日から洗顔は可能ですが、洗浄力の強いものやスクラブ入りの洗顔料は使用しないでください。

敏感肌用や保湿効果の高い洗顔料でしっかり泡を作り優しく包み込みように洗いましょう。

洗顔後は清潔で柔らかいタオルで擦らず水気を取る程度に心がけて下さい。

・入浴

肌状態が落ち着くまでは入浴は控えてシャワーだけで済ませてください。

・運動

軽い運動であれば問題ありませんが汗は肌に刺激を与え、衛生的ではない為、控えめに行ってください。

・スキンケア

ダーマペン施術後は肌が乾燥しやすくなる為、保湿を十分に行うことが大切です。

刺激となるエタノールなどが入ったものは避け、コラーゲンやヒアルロン酸などが配合されたものがおすすめです。

・メイク

外出をしない場合はメイクは控え、メイクが必要である場合はナチュラルメイクを心がけましょう。

ダーマペンで悪化した方の声

治療後のケアを怠ってしまうと、肌状態によっては悪化するケースもあります。

ダーマペンは針を使用するため、金属アレルギーがある場合は本来治療が受けられません。

知らずに施術を受けると悪化することがありますので、しっかり検査しておきましょう。

ニキビができやすい方は治療後、一時的にニキビができることがあります。

ニキビを潰したり刺激を与えたりするのは避けましょう。

治療後のケアが正しくないと、肌トラブルが増えているとクリニック医師からも注意がありました。

注意点は必ず守るようにしましょう。

普段のスキンケアの方法

ニキビ跡やクレーターの原因は、ニキビができやすい肌状態であることです。

・皮脂分泌が過剰

・バリア機能の低下

これらを改善するためにスキンケアで大切なポイントをご紹介します。

クレンジング

メイク後の正しいクレンジングができていないと、肌への刺激や毛穴詰まりを引き起こします。

しっかりとメイクを落とし、メイク残りがないようにしっかり洗い流すことが大切です。

洗顔

洗顔は、洗い残しがあると肌に負担を掛けてしまう為、しっかりすすぐことが大切です。

ニキビ肌は皮脂分泌が過剰に出るので、ニキビ肌用の洗顔料を使うこともおすすめします。

スキンケア

洗顔後の肌には、すぐに化粧水をして保湿することが大切です。

コットンでの摩擦や強いパッティングは、肌への摩擦や負担になりますので優しく手の平で馴染ませましょう。

ニキビができやすい方は、ニキビ対策のできるスキンケア商品を使用することがおすすめです。

日焼け止め

紫外線は肌への刺激はもちろん、バリア機能を低下させます。

ニキビを悪化させる原因にもなる為、日頃から日焼け対策は必須です。

SPFやPAの数値が高いと、日焼対策には有効ですが、高くなるほど肌への負担が大きくなり、正しくクレンジングができていない場合は肌荒れを引き起こすこともあります。

メイク

ニキビがあると、コンシーラーやファンデーションでカバーしたくなりますが、ニキビを悪化させてしまう原因になります。

肌の負担を考えると、なるべくナチュラルにすることが大切です。

ダーマペンでニキビ跡やクレーター治療が得意なクリニック

まとめ:ニキビ跡やクレーターは治療前後のケアとクリニック選びが重要

ニキビ跡やクレーター治療は、状態によって施術回数が異なるため、さらに効果を高めたい方には、美容成分を使用しているクリニックを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です