治 療 実 例

頸が原因と言われ、年齢から一度はあきらめた肩~腕、背中にまで及ぶ広い範囲の痛み・しびれの症例

鴨井院長による動画解説

受診までの経過

5か月前から左手のしびれを自覚するようになりました。整形外科では、レントゲンで頸が原因と言われました。その後、左腕~肩、背中にまで痛み・しびれが広がりました。鍼治療に3回ほど行きましたが効果がありませんでした。夜間にひどい痛みを感じるようになり、2種類の痛み止めの他、サプリメントも数種類試しましたがいっこうによくならないため、藁をもすがる思いでご相談をいただいたとのことでした。

診察すると、頸椎症とは別に、明らかに肩甲骨周囲や肩関節に炎症があることがわかりました。80肩などと言われることもありますが、純粋な50肩と異なり、肩こりや腱板断裂をともない非常に広い範囲に亘って症状が出ることが特徴です。

モヤモヤ血管を減らすことで痛みを改善できると判断しカテーテル治療を受けていただきました。やはり、複数の箇所にモヤモヤ血管を認めましたので、それぞれ治療を行いました。写真の血管は、肩および上腕の前方の痛みに関与しています。

治療後の経過

最初の2週間は全く変わらず不安に思っていましたが、1か月たったある日、ふと痛みがなくなっていることに気がつきました。痛みがほとんどないばかりか、しびれまでよくなりました。本質的に、しびれがとれる治療ではありませんが、このかたのようにしびれまでとれるということは少なからず経験します。

関連記事一覧

PAGE TOP