治 療 実 例

痛みをがまんして頑張り続けたことで悪化した看護師の膝の痛みの症例

鴨井院長による動画解説

受診までの経過

特にきっかけもなく、左膝が痛くなりました。以前、右膝は3度ほど水を抜いたことがあり、そのときにかばっていたせいかもしれないとのことでした。接骨院にて電気治療とマッサージを受けましたが、改善なく徐々に悪化して、ついには2週間ほどで松葉杖を使用するまでになってしまいました。夜の痛みも生じるようになり、その後、かばっていたせいか足首や足の甲まで痛くなり、不快な熱さも感じるようになったうえ、さらに膝の下全体が腫れるようになってきました。仕事柄(看護師)、なかなか休むことができず、患者さんから気づかれないようにサポーターを付けて何とか仕事を続けていたそうです。整形外科ではMRIで骨壊死の疑いがあると言われました。その後、栄養療法を受けて10㎏減量に成功したうえ、年末になり仕事がお休みとなったことで、自宅安静により少し痛みが改善しましたが、2月頃から急激に悪くなり、自宅での生活にも支障をきたすほどになりました。『なんとか日常生活を普通に送れるようになりたい』と願い、信頼していた接骨院のすすめで、当院を受診されました。

『痛いのに、その動作をがまんして続ける、だましだまし続ける』これが実は痛みを長引かせてしまう原因なのです。もともと、人間には自然に治る力も備わっているので、痛くなり始めに休めてあげることができれば悪化させずに治すことができます。ところが、何らかの理由で(やむを得ない理由も含めて)負担をかけ続けると、その場所にモヤモヤ血管がとどまり、痛みが悪化して長引くことになります。

診断は、変形性膝関節症です。レントゲンによる骨の変形の程度自体は重症ではなく、いまある炎症を大幅に減らすことができれば、再発させず手術を受けなくて済むことが期待されました。

実際の血管をうつしてみると、膝の内外側、足の甲にもモヤモヤ血管が確認されましたので、それぞれ治療を行いました。

治療翌日には、松葉杖なしで歩けるほど膝の痛みがよくなりました。松葉杖をすぐやめることは不安でしばらく使用していましたが、痛みが良くなったため車の中に置き忘れることが多くなりました。治療後10日で職場復帰したとき、松葉杖なしで歩いているのを見た同僚の方から驚かれたそうです。1か月後、膝はかなり改善し、足の痛みが残っていましたが、2回注射を受けたのち、2か月後にはほぼ痛みは消えました。今後も、再発予防や膝変形進行予防のため、サポートさせていただくつもりです。

関連記事一覧

PAGE TOP