治 療 実 例

足底筋膜炎に対する外科手術(鏡視下足底腱膜剥離術)後の後遺症(手術後の疼痛)の1例

鴨井院長による動画解説

受診までの経過

2年半前から左足踵の痛みを生じるようになり、近医整形外科を受診。体外衝撃波治療を受けるも効果がなく、9ヶ月前に鏡視下足底腱膜剥離術を受けました。これにより痛みは改善したものの、小指の動きが悪くなり(小趾外転筋筋力低下)、足裏外側(外側足底領域)のしびれを新たに生じるようになりました。右足も2ヶ月ほど前から同様に痛みが出てきましたが、こちらは体外衝撃波治療を受けずに様子をみていました。手術後の難しい症状ですが、当院の治療で改善することはできるか整形外科医よりご相談いただきました。

診察時の所見

両足裏および左小指に痛み・しびれがあったほか、右足は踵骨(踵の骨)後方のアキレス腱付着部にも痛みがありました。レントゲンでは両側踵骨棘および、右踵骨アキレス腱付着部にも変性所見があり長期に亘って足に負担がかかり続けていたことが推察されました。外科手術により元々の痛みはある程度改善しており、術後に新たに生じている症状が主症状となっている難しい状況でした。手術侵襲が加わると必ずモヤモヤ血管(病的新生血管)はできますが、通常は経過とともに減少しますので問題となることはあまりありません。この方のように何らかの要因で減少せずに長くとどまってしまうと自然には減りにくくなり慢性炎症が持続するようになってしまうことがあります。治療による一定の有効性は期待できましたので、微細動脈塞栓術(モヤモヤ血管の治療)を行っても一定程度の症状が残る可能性はあることをご理解いただいたうえで両足に対して運動器カテーテル治療(運動器EVT)を受けていただきました。

治療の所見

血管造影を行ったところ、患部に一致して(外側足底動脈領域に)モヤモヤ血管を濃染像として捉えることができました。足の甲側の動脈(足背動脈)の方が優位に発達している状態でしたので、足背動脈造影からもモヤモヤ血管が描出されています(写真⑬)。治療後は画像上速やかに消失しました。

治療後の経過

1週間後から急に改善しました。右足が先に改善し、痛みだけでなくしびれも良くなってきました。左足の痛みは半分程度、しびれは2割減でした。治療後1ヶ月半になると痛みが9割方改善しましたが、まだ足裏がひっついているような感覚は残っていました。治療後3ヶ月の時点で再診の予定でしたが、完全に良くなったためお電話で(ご遠方のため)受診しなくてもよいかとご相談いただいたため、終診といたしました。その後も再発なく経過されています。予想以上に治療が著効し、非常に早期に改善されましたので私も驚いたほどです。カテーテル治療後に補助的に注射を追加することもあるのですが、この方は一度も追加注射なしで完治しました。

新しい治療にはつきものなのですが、当院の治療について眉唾のように思われる医師がまだ少なくありません。手術後の後遺症については、多くの医師が悩み諦めてしまうところですが、患者のことを心から良くしたいと願いご紹介いただいた整形外科の先生に心より敬意を表したいと思います。

関連記事一覧

PAGE TOP