治 療 実 例

【40代:女性】これもSIRVA?コロナウイルスワクチン接種後に生じた石灰沈着性腱板炎(SIRVA、石灰沈着性腱板炎)

鴨井院長による動画解説

受診までの経過

半年前に2回目のコロナウイルスワクチン接種を右肩に受けました(左利き)。接種直後から鈍い痛みが持続し腕が上がりづらくなっていました。その後寒くなるにつれて痛みが強くなり、1か月前からは急激に悪化して腕が全く上がらない状態になり当院を受診されました。

診察時の所見

非常に高度の可動域制限があり、右腕はほぼ身体の側から離せないほどでした(外転10度、外旋10度)。診察でわずかに肩に触れるだけでも激痛が走る状態でした。エコー検査では、上方腱板において腫脹および粗大な石灰が、周囲の異常血流信号とともに観察されました。腱板疎部や上腕二頭筋長頭腱においても異常血流信号や水腫が観察され、腱板のみならず肩関節全体に炎症が及んでいることがわかりました。レントゲンでも石灰を確認し石灰沈着性腱板炎の診断です。運動器カテーテル治療(微細動脈塞栓術)の適応であり治療をうけていただきました。

治療の所見

石灰周囲や腱板粗部、上腕二頭筋長頭腱周囲に一致してモヤモヤ血管(病的新生血管)が造影剤の濃染像として描出されました。画像は後上腕動脈造影および胸肩峰動脈造影です。治療後はモヤモヤ血管が画像上速やかに消失しています。炎症が強く非常に過敏な状態でしたので、治療中の痛みが心配されましたが、薬液投与時に強い痛みを生じることはなく通常どおりに治療を受けていただくことができました。

治療後の経過

3日後くらいからかなり改善し、1週間程度でほぼ痛みは消失しました。可動域も大幅に改善し周囲の方も大変驚かれたそうです。治療後3週間の診察時に既に石灰が小さくなってきておりましたが、治療後2ヶ月ではレントゲンで大幅に石灰が縮小し、エコー観察でも石灰縮小に加えて腱板の腫れが治り(7.3mm➡3.2mm)異常な血流信号も完全に消失していました。痛みだけでなく、このまま完全に石灰が消失するものと思われます。ここまでくるともうぶり返すことはありません。ワクチン接種後の肩関節の痛みは、SIRVAとして広く知られるようになってきていますが、本症例のような石灰を伴う炎症まできたすことは稀です。一連の経過から考えるとワクチン接種と関係がある可能性は高く、SIRVAの亜型なのかもしれません。非常に強い炎症でしたが、このようなときでもカテーテル治療(微細動脈塞栓術)は非常に有効です。ひどくなってから早いタイミングで治療を受けていただいたことで、石灰まで消失させることができました。

SIRVA、石灰沈着性腱板炎の詳しい病状説明はこちら

 
 

関連記事一覧

PAGE TOP