サロン脱毛の前後に献血は出来る?気をつけることは?

サロン脱毛を始めても、献血を受けることは出来るのでしょうか?

「献血車を見かけたら、できるだけ献血へ協力している」

「定期的に献血ルームでのんびりとした時間を過ごしている」

そんな女性とって、献血ができなくなるのは一大事!

これから脱毛を考えるなら、脱毛と献血について、ちゃんと知っておきましょう。

脱毛直後に献血は出来る?

脱毛直後の献血は基本的に問題ありません。

ですが、腕脱毛中の献血や、全身脱毛直後の献血は、念のため注意が必要です。

脱毛の光は身体へは影響しない

脱毛の仕組みを知らない場合、照射した光が血管へ影響を与えるのでは……と不安になりますよね。

毛が生えてこなくなるくらいの光ですから、強いものを想像しがちですが、安心してください。

サロン脱毛で使用されている光は、肌への負担が少ない柔らかいもの。

影響は表皮のみとなり、それより深い血管や、血液、内臓などへ影響が出ることはありません。

サロン脱毛を選ぶことでリスクが増える? いえいえ、脱毛器のしくみや考えられるリスクを知れば安心です! しっかり覚えて、サロン脱毛デビ...

献血を行う場合、太い血管へ針を刺し、必要な血液や血漿、血小板などを採取します。

何度も献血へ通っている方なら知っていると思いますが、意外に深くまで針を刺しますよね。

このように、血管は表皮とは程遠い場所。

脱毛直後に献血を行ったとしても、問題はありません。

腕の脱毛をしたときには控えた方が良い場合も

血管や血液へは影響の出ない光脱毛。

その一方で、腕の脱毛を行った場合は注意が必要です。

脱毛を行った肌表面は、毛穴が熱を持ち、肌が敏感になっています。

この熱は長くても3日ほどで引くと言われていますが、献血を行う場合、

「血圧測定での圧迫」

「検査の採血」

「アルコールとヨード系消毒液による消毒」

「実際の献血」

と、腕へ様々な負担がかかります。

そのため、脱毛直後に献血へ言った場合、肌に赤みが出てしまう可能性があるんです。

脱毛サロンのカウンセリングでは、脱毛当日は安静に過ごすようアドバイスがあります。

献血は絶対ダメ!という訳ではありませんが、無用なトラブルは避けたいもの。

脱毛直後はお肌をいたわり、献血へは肌状態が落ち着いた3日目以降に協力したいですね。

全身脱毛など長時間のお手入れを行った後は身体の負担も考えて

腕脱毛だけでなく、全身脱毛を行っている場合にも、献血は注意が必要です。

全身脱毛は、広い部位を施術するため、お手入れの時間が長時間になってしまうもの。

脱毛部位によって体勢を変えたり、長い時間同じ姿勢でいたりすることで、自分が思っているよりも身体は疲れてしまっています。

普段よりも疲労を抱えたその足で、時間のかかる献血までしていては、帰る頃にはぐったりしてしまいますよね。

献血の呼びかけや献血ルームの看板を見かけ、思わず足を止めたくなるかも気持ちは分かりますが、全身脱毛直後はぐっと我慢。

肌の熱が引くまでは静かに過ごし、赤みやかゆみがないことを確認してから協力するようにしましょう。

脱毛直前の献血は可能?

脱毛直後の献血は控えた方が無難。

じゃあ脱毛直前は?

……腕以外の部位ならOKですが、めまいやふらつきの原因となりますので、できれば止めておきましょう。

腕の脱毛時は要注意

もし、脱毛サロンへ行く前に、献血へ立ち寄ってしまったら……。

基本的にはその後体調が悪くならない限り、脱毛を行うことが可能です。

ですが、脱毛直前に献血を行った場合、腕へ注射の跡が残ります。

そのため、腕脱毛については施術ができなくなってしまう可能性があるんです。

サロン脱毛の光は黒い部分に反応するのですが、注射後の血が固まっていたり、跡が黒ずんでいる場合、注射針を刺した部分の周囲へ光をあてられなくなってしまうことも。

せっかく予約をおこなったのに、施術がうけられなかったらもったいないですよね。

腕脱毛を予約している場合は、脱毛数日前から献血を控えておきましょう。

肌へ赤みが残りやすい方も気をつけよう

また、献血では血圧測定で腕を圧迫しますので、血圧測定で肌へ赤みが出てしまう、という人は要注意です。

さらに、献血に使う針は、予防接種などのものと違い太いですから、血が止まるまでに時間がかかります。

献血後は10分間程度、止血バンドで圧迫しますので、ここでも肌の弱い人は赤みが出てしまうことも。

止血バンドだけでなく、献血後1時間はステプティと呼ばれる強めの絆創膏を貼り、取ることができません。

肌に赤みが出ていると、基本的には赤みがひくまでは脱毛の光を当てることが出来ません。

施術ギリギリに献血をしてしまうと、サロンへ迷惑をかけてしまうこともありますので、気をつけたいですね。

確実に脱毛を進めるためには避けた方が無難

また、献血に慣れている女性でも、体調によってはその後気分が悪くなってしまうことがあります。

場合によっては、脱毛を断られてしまったり、弱めの光しかあてられなかったり、という結果になりかねません。

献血へ協力するなら、脱毛後4日目~次の予約の1週間前を選ぶと良いでしょう。

さいごに

腕脱毛の予約でなければ、献血をしていても脱毛可能ではあります。

しかし、万一のトラブルを考えると脱毛前後は期間を空けるとより安心ですよ。

体調と相談しながら、脱毛とも、献血とも、上手に付き合っていきたいですね。

こちらの記事もオススメです

脱毛にチャレンジしてみたい! だれど、歯の治療中や抜歯時期の脱毛には、ちょっと不安がありますよね。 歯の治療中は、特に顔の脱毛につい...
脱毛後すぐにプールへ入って大丈夫? キレイなお肌で遊びに行きたくなる気持ちは分かりますが、実は大NG! 脱毛後はプールへ入れない理由...

おしえて脱毛!脱毛ママの脱毛サロンおすすめランキングTOP

関連記事

妊娠すると元に戻るの?サロン脱毛後妊娠・出産を経験した私の毛量の変化

歯医者で抜歯をしていても脱毛は出来る?矯正や銀歯は?

サロン脱毛した後にプールには入ってもいいの?

サロンの光脱毛は永久脱毛なの??

サロン脱毛にリスクはないの?

おしえて!光脱毛の仕組みと毛周期