ドクター紹介 | 名古屋市中区・新栄町駅『なごやEVTクリニック』| 院長 鴨井 大典

なごやEVTクリニック [日帰り手術][自費診療][完全予約制]

ドクター紹介

いきいきした人生を!

なごやEVTクリニック 院長 鴨井大典

なごやEVTクリニック
院長 鴨井 大典

痛みから解き放たれた自分を想像してみてください。そこには、きっと新しい人生が待っています。皆様の心に寄り添い、豊かな人生を取り戻すお手伝いをいたします。

これまで、私は血管内カテーテル治療の専門家として、救命救急医療、高度先端医療に従事してまいりました。より多くの人の役に立ちたいと思っていた最中、カテーテル治療を生かした新しい痛み治療と出会い、“痛み”で苦しんでこられた患者様がみるみる良くなっていく姿を目の当たりにして、自身の培ってきた知識・技術がもっと多くの人に役立てられるのではないかと直感いたしました。

その後、モヤモヤ血管治療の「Okuno Clinic」の創業初期より診療に携わらせていただき、このたび至便性の高い名古屋の中心部に“痛み治療の専門クリニック”を開業する運びとなりました。

信念は、生涯臨床家であること

目の前の患者様と誠実に向き合い、そして寄り添う。
どれだけ膨大な医療知識があっても知っているだけでは十分とは言えません。正しい知識・医療技術をもとに、真心をこめて診療にあたります。

確かな技術

運動器カテーテル治療

心血管治療の最難関と言われる透析症例の治療実績では日本有数の経験を有しております。

痛み治療に新しい光をもたらした運動器カテーテル治療のコンセプト(奥野祐次先生考案)を、これまで培った血管内治療の技術(PCI*, EVT**)と正確な解剖の知識を生かすことにより、安全かつ確実、低侵襲かつ迅速な治療として体現いたします。医療の高度化が進み、難しい治療を成功させることばかりに注目されがちですが、私はそれを安全に遂行することが最も肝要であると考えています。カテーテル治療がご不安な方もどうぞご安心しておまかせください。

なごやEVTクリニックでは、プロフェッショナルであることにこだわります。
痛みでお悩みの方、どうぞ安心してお気軽にご相談ください。

PCI*;冠動脈形成術 EVT**;血管内治療

カテーテル治療医である前に循環器内科医であり、内科医であり、医師であり、ひとりの人間である。

厚生労働省の直轄の病院である、国立国際医療センター(現 独立行政法人国立国際医療研究センター病院)が私の原点です。ここでの研修により医療を幅広く学ぶ機会を得られたことが、現在、自身の専門領域を拡げることにつながっているのだと思います。私が大切にしているのは患者様の訴え(主訴)です。‟私の専門領域では問題がない“、あるいは‟画像検査では問題がない”という説明のみでは解決になっていません。例え専門外のことであっても、道筋をつけるのが医師の務めだと思っています。訴えを全人的に解決することが私の信念です。私は、自他ともに認めるカテーテル治療医であり、職人としての自負がありますが、患者の前では、ひとりの医師・人間として、等身大で向き合いたいと思っています。

血管内治療の最難関と言われる透析症例の治療において、日本屈指の知識と経験を有する

日本の血管内治療技術は、いまや欧米の学会でJapanese Artと呼ばれることもあり、世界最高の水準にあるといって過言ではありませんが、それでも未だ尚解決途上にあると言われている領域があります。それが、Last Frontierと言われて久しい透析症例の血管です。治療そのものも、そして治療後の成績もまだまだ十分とは言えません。合併症リスクも一般患者に比較して、非常に高いです。術者による知識・技術・経験の差も課題です。私は、小倉記念病院という日本屈指の心臓治療センターで循環器科研修を積んだ後、日本第3位の透析医療グループである偕行会グループ(グループ全体で3000名以上の維持透析患者が在籍)の基幹病院 名古屋共立病院で10年に亘り現場の責任者であったことから、国内屈指の症例経験を有しております。治療を成功させることはもちろんですが、それを安全に完遂することに情熱を注いでまいりました。合併症管理、予防には絶対の自信を持っております。痛みのカテーテル治療ではリスクの高い方を治療することはそれほど多くありませんが、高齢の方や他に病気を抱えているような方でもどうぞ安心してお任せください。
日本心臓血管インターベンション治療学会専門医として、国内外で第一術者として5000例以上の血管内治療(心臓血管3000例、末梢血管2000例。その大半が難治症例。)を行ってきた経験を生かして診療にあたります。*なごやEVTクリニックでは痛みのカテーテル治療のみをご提供しております。動脈硬化性疾患のご相談はお受けいたしますが、現在当院では心血管治療は行っておりませんのでご了承ください。

小倉記念病院

国内最大のEVTの学会【Japan Endovascular Treatent conference(JET)】には毎年参加して講演等を行っています。

CPACという東海エリア最大のEVTの会において、合併症のマネージメントについて表彰されました

海外での学会活動

ソウル(TCT-AP)

香港(LINC-AP 2012)

ドイツ(Vascular Center Berlin)

シカゴ、オーランド(アメリカ心臓病学会(AHA))

コロラド(Interventional Cardiology 2014)

ローマ(JIM2015)

ライプチヒ(LINC2016)世界最大のEVTの学会

ドバイ(LINC Middle East 2016)

シンガポール(AsiaPCR2016)

ロンドン(ヨーロッパ心臓病学会(ESC2015))

ローマ(ヨーロッパ心臓病学会(ESC2016))

シドニー(VERVE 2016)

ニューヨーク(CTO Summit 2017)

世界で唯一、日本において開発・臨床応用に成功している、血管内視鏡に取り組む

治療技術を追求し続けた結果、直後の成功のみではなく、その後の成績(治療後、再発しないのか。新たな心血管イベントを防げるのか。)にこだわるようになりました。きっかけは、やはり透析症例の心血管疾患です。あるいは、一般患者でも末梢動脈硬化症ではまだまだ成績は十分とは言えません。治療後も再発が少ない方と、そうでない方と血管にどのような違いがあるのか、それを見極めるため胃カメラなどと同じように血管の中を直接観察してきました。これにより、複数ある治療選択肢の中から最適な方法を選んだり、治療後に有益となるような服薬の種類・投与方法を検討しました。また、世界で初めて、血管内視鏡で直接血管内を見ながらワイヤーを血管閉塞部に通すという治療方法をヨーロッパの学会で報告しました。

パリ(EuroPCR)

狭心症や末梢動脈硬化症などの血管内治療は、通常まず血管の狭いところやつまっているところに細いワイヤーを通過させて、それをレールにして風船(バルーン)や金属の筒(ステント)などを運び拡張させることで治療します。ところが、つまった血管を治療する場合(慢性完全閉塞血管)、造影剤を使用しても本来の通すべき道が見えないため、ただ狭くなっているだけの血管を通すよりも格段に難しくなります。通常は透視下に細いワイヤーの動きを見ながら、手元に伝わってくる感触を頼りに操作することで血管を通していくのですが、これを直視しながら行うということです。つまった血管の顔つきはほとんど誰も見たことがなかったので、国内外で大きな反響をいただきました。よりミクロな視点で物事を考えることで、さらなる技術の向上や他領域における様々な着想につながっています。

培ってきた豊富な知識・技術・経験を、多くの医師に伝承

30回を超えるカテーテル治療ワークショップを開催して、200名を超える医師に血管内治療の知識・技術を啓蒙してきました。学会活動の一環で機会をいただき、国内外でのカテーテルライブデモンストレーション(実際の治療ライブ中継を通じての勉強会)において、コメンテーターやライブオペレーターを通じて、医療技術の発展・普及に取り組んでまいりました。また、国内外でのカテーテル治療の招請に応じて、各地で治療を行ってまいりました。

出張カテーテル治療/カテーテルライブデモンストレーション)

中国出張治療

東海エリア最大の重症虚血肢ネットワークを構築

社会医療貢献が私の信念のひとつですが、大変多くの方々にご協力をいただけたことで、地域で足を救う(切断を回避する、創を治す、自身の足でしっかりと歩いていただく)会を2014年に創設し、今も職種、診療科を超えて医療関係者一丸となって地域を支える活動を続けています。ネットワークは愛知県を越えて、中部エリアに拡大しています。

スポーツ障害への思い

大学時代は、野球部に所属しておりました(4年生のときに主将を経験。主な成績は、西日本医学生大会第3位、中四国大会優勝。)素人で大学から始めたため苦労しましたが、努力の結果、主将を務めるまで成長することができました。やはり怪我はつきもので、頸、肩、肘、腰、膝を痛めた経験があります。この頃にモヤモヤ血管治療が開発されていれば、どれだけ救われていたことでしょうか。スポーツドクターになりたいとぼんやり考えていたことが懐かしく思い出されます。心臓専門医、血管内治療専門医の道をひたすら突き進んでまいりましたが、10代の頃の夢であったスポーツドクターの世界に関われることに心より喜びを感じています。スポーツを楽しむすべての方々を応援したいと思います。

経歴

資格・所属学会

応援メッセージ

紹介の声
総院長 奥野祐次先生
医療法人祐優会 Okuno Clinic. 総院長
奥野祐次 先生

世界初の慢性疼痛治療である、運動器カテーテル治療の開発者。その着想は、医療界の常識を覆し、世界中から注目を集める。科学的根拠を示しつつ、いまなお医療の発展に貢献し続けている。

鴨井先生とは、私が慢性疼痛の専門のクリニックを開業してすぐの頃から、一緒にお仕事をさせていただきました。

鴨井先生はもともとカテーテル治療で最も高いレベルの技術が要求される透析患者さんへの治療をたくさん経験されていたため、私が痛みのカテーテル治療専門クリニックを開業した当初から一緒にお仕事をさせていただけたらと思っていました。引く手数多で活躍されていた先生なので無理かなと思いながらお電話したところ、さまざまなタイミングも重なり、私たちのクリニックで一緒に働いてくださることになりました。

鴨井先生と一緒にお仕事をさせていただき、実際に間近でお仕事ぶりを拝見して、医師として非常に素晴らしいと感銘を受けました。

まずはカテーテル治療の手技、いわばテクニカルな部分が繊細で緻密であることです。これは痛みのカテーテル治療医にとって非常に重要な特性だと感じています。痛みのカテーテル治療を適切に施行するには、繊細さがなければなりません。患者さんが痛みを抱えている部位に正確にカテーテルを移動させ薬剤を運ぶ必要があります。そして慢性的な痛みの場合、疼痛範囲が広く波及していることがあり、それらをカバーするだけの集中力も求められます。
鴨井先生はカテーテルの手技をしている際に常に緻密なテクニックを有しており、高い集中力を保つことができる先生なのだと感じて感銘を受けたのを覚えています。

また、技術的な点だけでなく、臨床家として患者さんと信頼関係を築きながら診療をすることにおいても非常に秀でていると感じました。鴨井先生には、もともと患者さんの役に立ちたいというお気持ちが強い方です。それが故に患者さんに信頼される診療ができるのだと感じた次第です。

医療法人祐優会 Okuno Clinic. 総院長
奥野祐次 先生
[ OKUNO CLINIC ]

cached read more
経歴

2006年3月 慶應義塾大学医学部卒業
2008年4月より、クリニカETにて放射線科医として血管内治療に従事する
2012年3月、大学院博士課程修了  研究分野は「病的血管新生」
2012年4月より現在まで江戸川病院にて運動器疾患に対する血管内治療を専門とする.
2014年4月より、同施設にて運動器カテーテルセンター長に就任
2017年10月より、Okuno Clinic.開院 院長に就任  現在に至る

業績

1.  Okuno Y, Nakamura-Ishizu A, Kishi K, Suda T, Kubota Y. Bone marrow-derived cells serve as proangiogenic macrophages but not endothelial cells in wound healing. Blood. 2011 May 12;117(19):5264-72
2. Okuno Y, Nakamura-Ishizu A, Otsu K, Suda T, Kubota Y. Pathological neoangiogenesis depends on oxidative stress regulation by ATM. Nat Med. 2012 Jul 15
3. Okuno Y, Matsumura N, Oguro S. Transcatheter arterial embolization using imipenem/cilastatin sodium for tendinopathy and enthesopathy refractory to non-surgical management. JVIR. 2013, 24. pp. 787-792
4. Okuno Y, Oguro S, Iwamoto W, Miyamoto T, Ikegami H, Matsumura N. Short-term results of transcatheter arterial embolization for abnormal neovessels in patients with adhesive capsulitis: a pilot study. J Shoulder Elbow Surg, 2014; 23(9):e199-206.
5. Okuno Y, Korchi AM, Shinjo T, Kato S.  Transcatheter Arterial Embolization as a Treatment for Medial Knee Pain in Patients with Mild to Moderate Osteoarthritis.  Cardiovasc Intervent Radiol. 2015;38(2):336-343.
6. 奥野祐次、慢性的な肩関節の夜間痛に対する経動脈的微小血管塞栓療法の有効性 PAIN RESEARCH, 29, 233-241, 2014
7. Okuno Y, Iwamoto W, Matsumura N, Oguro S, Yasumoto T, Kaneko T, Ikegami H. Clinical outcomes of transcatheter arterial embolization for adhesive capsulitis resistant to conservative treatment. JVIR. 2017;28(2):161-167.e1.
8. Okuno Y, Korchi AM, Shinjo T, Kato S, Kaneko T. Mid-term Clinical Outcomes and MRI Changes after Transcatheter Arterial Embolization as a Treatment for Mild to Moderate Knee Osteoarthritis that is Resistant to Conservative Treatment. JVIR. 2017 Mar 29.
9. Iwamoto W, Okuno Y, Matsumura N, Kaneko T, Ikegami H. Transcatheter arterial embolization of abnormal vessels as a treatment for lateral epicondylitis refractory to conservative treatment: a pilot study with a 2-year follow-up J Shoulder Elbow Surg  in press.

紹介の声
医療法人 偕行会グループ 会長
医療法人 偕行会グループ 会長
川原弘久 先生
(名古屋共立病院、偕行会リハビリテーション病院、偕行会城西病院、
豊島中央病院、名古屋放射線診断クリニック、東名古屋画像診断クリニック、
KAIKOUKAI CLINIC SNEYAN他)

2019年に創業40年を迎えた巨大医療グループの会長。4つの病院、18の透析施設、2つのPET画像診断施設、20の介護施設、1つの海外施設を擁する。

10年に亘り、偕行会 名古屋共立病院において、副院長として高度先端医療の一翼を担っていただいた鴨井先生が開業されました。心臓専門医、血管内治療専門医である先生が、その医療技術を活かして、新しい痛みの治療を提供されます。

偕行会グループは現状に甘えず、既存の価値観にとらわれることなく、常に改革の道を歩んでまいりました。この“デイリーイノベーション”の精神を見事に受け継いでいる鴨井先生の新しい挑戦を心より応援いたします。

医療ツーリズムなど、国際医療の取り組みが注目されて久しい昨今ですが、まだなお十分とは言えません。その課題は、海外に誇れる日本の医療がどれほど挙げられるかということにも集約されます。なごやEVTクリニックで提供される運動器EVT治療は、2012年に世界で初めて、日本で始まったばかりの新しい痛み治療ですが、世界的にも評価され、現在では10か国以上で実施されています。まさに世界に誇れる医療といえるでしょう。愛知県では、官民一体の取り組みとして『あいち医療ツーリズム推進協議会』が2016年に発足しておりますが、中部地方唯一の運動器カテーテル治療専門施設として、ぜひその一端を担っていただけるよう期待しております。

医療法人 偕行会グループ 会長
川原弘久 先生
[ 医療法人 偕行会 ]

役職

愛知県病院協会 参与
公益財団法人日本アジア医療看護育成協会 代表理事
一般社団法人中部メディカルトラベル協会 代表理事

経歴

1967年名古屋大学医学部卒業
1972年医療法人衆済会 増子病院 内科部長・透析室長
1979年名古屋共立病院 院長
1982年医療法人偕行会理事長
現在に至る

紹介の声
医療法人 偕行会グループ 会長
医療法人 全医会グループ 理事長
伊藤不二夫 先生
(伊藤整形・内科 あいち腰痛オペクリニック、あいちせぼね病院、東京腰痛クリニック)

脊椎最小侵襲手術のパイオニア。脊椎最小侵襲手術として、日本最多の実績を誇る。全国から著名人を含めて大勢の患者が殺到している。

血管内治療の専門家である鴨井先生が、脊椎の専門家集団である当グループにおいて研鑽を積み、その集大成として痛みの専門クリニックを開業されました。

長引く痛みの原因が病的新生血管にあり、“血管から痛みを治す”という新しい発想に基づくカテーテル治療は、体の負担が少なく、全医会が普及に努めてきた“最小侵襲手術”にも通ずるところがあり、大変注目しております。かつて、全医会が取り組んできたように、新しい治療が認知されて普及されるまでには大変な苦労と努力をともないますが、“良い治療”“患者のためになる治療”は多くの方に必要とされ、おのずと認められていくものです。日本で始まったこの新しい治療の発展を心より祈念いたしております。

医療法人 全医会グループ 理事長
伊藤不二夫 先生
[ 医療法人 全医会 ]

役職

全医会グループ理事長
日本脊椎脊髄ドック協会 事務総長
最小侵襲脊椎手術フォーラム代表世話人
中国鄭州第一付属病院(世界最大病院7,000ベッド)整形外科客員教授
The 2nd ACMISST 会長
(Asian Congress of Minimally Invasive Spine Surgery & Techniques)
The 2nd ISESS 会長
(International Society of Endoscopic Spine Surgery)
PASSMISS 評議員
(The Pacific and Asian Society of Minimally invasive Spine Surgery)
WCMISST
(World Congress of Minimally invasive Spine Surgery and Techniques)