1. 2021.03.30

    実例紹介「肩関節の最重症の痛み?80代女性に生じた変形性肩関節症による慢性疼痛」を追加しました。

    15年ほど前から右肩に軽い痛みはありました。5年前には右変形性肩関節症と診断され、腱板断裂なども合併していると言われていました。注射などで整形外科に通院を続けていましたが、梅雨に入ってから夜も眠れないほどの痛みを感じるようになり当院を受診されました。これまで身体の様々な部位を傷めてきており、20代後半から慢性腰痛、60代で変形性膝関節症、70代で脊柱管狭窄症および腰椎すべり症、…

  2. 2021.03.30

    実例紹介「長時間の立ち仕事で長年腰痛持ちだったが、ついに息もできないほどの激痛に悪化」を追加しました。

    10年前から腰痛があり、何度となくギックリ腰で悩まされてきました。1か月前に再びギックリ腰となり、数日前から急激に増悪して立つこと、座ること、歩くことが困難となり杖をついて来院されました。職業は、非常に長時間の立ち仕事でした(15時間にわたる)。…

  3. 2021.03.30

    実例紹介「走ると痛い!長距離陸上選手に生じた左脛(すね)内側の痛み」を追加しました。

    高いレベルで陸上競技を続けてきており、進学についても成績次第で決まるとのことでした。半年前から左脛(すね)の内側が痛くなり、3ヶ月前くらいに練習後に激痛が生じたことから運動を控えるようになりました。整形外科ではシンスプリントと診断されました。日常生活では特に問題ありませんでしたが、進学のことも含めて陸上競技を続けていくにあたり積極的な治療を希望され当院を受診されました。…

  4. 2021.03.30

    実例紹介「TFCC損傷と診断されたが、尺側手根伸筋腱損傷および腱鞘炎が原因であった手首小指側の痛み」を追加しました。

    7か月前から、スノーボードで手をついたのがきっかけで左手首の小指側の痛みを感じていました。TFCC損傷と診断され安静にて様子をみるように言われましたがいっこうに改善しませんでした。特に、左手をついたり、なんらかの手作業を行っているときに痛みが出る状態でした。モヤモヤ血管治療のことを知り当院を受診されました。…

  5. 2021.03.24

    《ゴールデンウィーク休診日のお知らせ》

    4月30日(金)~5月1日(土)の2日間は休診とさせていただきます。当院ご利用の患者さまには、大変ご迷惑をおかけいたします。ご了承の程、よろしくお願いいたします。…

  6. 2021.03.4

    令和の痛み治療に36疾患のQAを掲載しました。

    症状や病気についてのお悩みや疑問にお答えします。…

  7. 2021.02.22

    モヤモヤ血管ギャラリーに「ドゥケルバン腱鞘炎」を追加しました。

    親指側の手首に生じる代表的な痛みです。橈骨動脈造影により、短母指伸筋腱や長母指伸外転筋腱およびそれらを覆う腱鞘周囲に生じている病的新生血管(モヤモヤ血管)が濃染像(stain)として描出されています。治療後は画像上速やかに消失します。…

  8. 2021.02.22

    モヤモヤ血管ギャラリーに「シンスプリント」を追加しました。

    シンスプリントは、脛骨(すねの骨)の内側中央から下方1/3において比較的狭い範囲に生じる骨膜の炎症です。この部位に分布する血管は非常に細いため、モヤモヤ血管は視覚的にははっきりしないこともあります。筋肉に分布する血管とは異なりますので、誤認しないよう正確に治療する必要があります。…

  9. 2020.12.7

    実例紹介「複数回の外科手術でも改善せず、原因不明と言われた全身の難治性疼痛」を追加しました。

    両手の痛み、両側首肩の痛み、左下肢のしびれ、両側腰痛、右股関節の痛みにて当院受診となりました(痛みの強さ順)。2年前から両手痛と頸部痛の症状があり、頸椎ヘルニア手術を受けました。しかし、その後も両手の痛み・しびれ・腫れが改善することはなく、握力が一桁まで低下し、物をつかむこともままならずポロポロと落ちてしまうといった状態でした。夜間痛もあり、痛みで眠れないほどでした。手の症状は…

  10. 2020.12.7

    実例紹介「再生医療(幹細胞治療)でもよくならなかった重症変形性股関節症の1例」を追加しました。

    40歳代の頃、足を挫いて付け根を捻挫して痛みが長く続いていましたが、この時は自然に治りました。2年半ほど前から旅行に出かけて歩いた際に右股関節の痛みを感じるようになりました。MRI検査の結果、変形性膝関節症と診断されました。外科手術以外の方法を模索して、幹細胞移植を2度にわたり受けました。当初は杖歩行でしたが、治療により何とか杖なしで歩けるようにはなりましたが、移植後半年以上経過した後も痛みが持続…

PAGE TOP