1. 2021.05.24

    治療を受ける場合、新型コロナウイルスのワクチン接種が終わった後がいいのでしょうか?

    新型コロナウイルスのワクチンとモヤモヤ血管へのカテーテル治療は、関連性がありません。痛みを我慢し続けるよりも早めの受診をおすすめします。また当院は完全予約制ですので患者さんが院内で密になることはなく、感染対策も行っていますので安心して受診いただけます。…

  2. 2021.05.24

    モヤモヤ血管ギャラリーに「グロインペイン症候群と足関節OA」を追加しました。

    鼠径部にとどまらず、恥骨部、内転筋周囲、睾丸後方、下腹部まで広く炎症が及んでいることもありますが、血管の分布に沿って治療をすることで一度に治療をすることが可能です。主要な血管である閉鎖動脈および内側大腿回旋動脈の血管造影において、病的新生血管(モヤモヤ血管)が濃染像(stain)として描出されています。治療後は画像上速やかに消失します。…

  3. 2021.05.1

    実例紹介「ひどい痛みで寝返りも打てない・・肩に生じた石灰沈着性腱板炎の症例」を追加しました。

    1年前から、特にきっかけなく右肩が痛くなりました。整形外科では石灰性腱炎と診断され投薬を受けましたが、痛みがひきませんでした。寝返りや伸びをしたときなどに激痛が走り、夜間痛のため睡眠障害に陥っていました。夜間に5-6回目が覚めるほどでした。可動域制限も進んできて、横から腕を挙げると水平までしか挙げられず、反対の肩に手を伸ばすことができず、後ろに手を回してもお尻を何とか触れるくら…

  4. 2021.05.1

    実例紹介「治療が著効!鵞足炎を合併していた変形性膝関節症の症例」を追加しました。

    1年半前から特にきっかけなく、右膝が痛くなってきました。長い距離を歩くと左膝にも痛みがありました。整形外科で変形性膝関節症と診断されましたが手術適応はなく、テーピングにて様子をみられていました。整骨院や鍼灸などに通うことで腫れが少しひき楽になりましたが、立ち上がる時や歩行時、階段を昇るときなどに痛みが出るため当院を受診されました。乳がんの既往があり、抗がん剤使用後、現在もホルモ…

  5. 2021.05.1

    実例紹介「肩に溜まった水を抜いても改善しなかった激痛。肩関節滑液包炎の症例」を追加しました。

    1年ほど前から右肩に痛みを感じるようになりました。過去に五十肩になったことがあるが、2ヶ月程で治ったのでその内治るだろうと思っていたのですが、なかなか痛みがひかないため整形外科を受診したところ、レントゲンでは異常なく、エコーで水が溜まっていると指摘されました。水を抜けば楽になると言われ水を抜いたところ、大変な苦痛をともないましたが、その後しばらくの間ほとんど痛みがなくなるくらい…

  6. 2021.05.1

    実例紹介「膝を伸ばすと痛い!ボーリングで痛めた膝蓋腱炎」を追加しました。

    きっかけはボーリングでした。5ヶ月前から投球の際に軸足となる左膝を伸ばすときに痛みが出るようになりました。小走りができないほどのひどい痛みを感じることもありましたが、電気を当てたりいろんな治療を受けることで少し改善しました。しかしながら、膝を伸ばした状態で力を入れたりすると痛い、またボーリングをできるようになりたいとのことで当院を受診されました。前医のMRI検査で膝蓋腱炎と診断…

  7. 2021.03.30

    実例紹介「肩関節の最重症の痛み?80代女性に生じた変形性肩関節症による慢性疼痛」を追加しました。

    15年ほど前から右肩に軽い痛みはありました。5年前には右変形性肩関節症と診断され、腱板断裂なども合併していると言われていました。注射などで整形外科に通院を続けていましたが、梅雨に入ってから夜も眠れないほどの痛みを感じるようになり当院を受診されました。これまで身体の様々な部位を傷めてきており、20代後半から慢性腰痛、60代で変形性膝関節症、70代で脊柱管狭窄症および腰椎すべり症、…

  8. 2021.03.30

    実例紹介「長時間の立ち仕事で長年腰痛持ちだったが、ついに息もできないほどの激痛に悪化」を追加しました。

    10年前から腰痛があり、何度となくギックリ腰で悩まされてきました。1か月前に再びギックリ腰となり、数日前から急激に増悪して立つこと、座ること、歩くことが困難となり杖をついて来院されました。職業は、非常に長時間の立ち仕事でした(15時間にわたる)。…

  9. 2021.03.30

    実例紹介「走ると痛い!長距離陸上選手に生じた左脛(すね)内側の痛み」を追加しました。

    高いレベルで陸上競技を続けてきており、進学についても成績次第で決まるとのことでした。半年前から左脛(すね)の内側が痛くなり、3ヶ月前くらいに練習後に激痛が生じたことから運動を控えるようになりました。整形外科ではシンスプリントと診断されました。日常生活では特に問題ありませんでしたが、進学のことも含めて陸上競技を続けていくにあたり積極的な治療を希望され当院を受診されました。…

  10. 2021.03.30

    実例紹介「TFCC損傷と診断されたが、尺側手根伸筋腱損傷および腱鞘炎が原因であった手首小指側の痛み」を追加しました。

    7か月前から、スノーボードで手をついたのがきっかけで左手首の小指側の痛みを感じていました。TFCC損傷と診断され安静にて様子をみるように言われましたがいっこうに改善しませんでした。特に、左手をついたり、なんらかの手作業を行っているときに痛みが出る状態でした。モヤモヤ血管治療のことを知り当院を受診されました。…

PAGE TOP