中部地区最大の重症虚血肢ネットワークの会(CLINCH)にて、運動器カテーテル治療について講演を行いました

2019年8月24日、豊田厚生病院内で開催されましたCLINCH(Critical Limb Ischemia iN CHubu)年次集会にて、運動器カテーテル治療について講演を行いました。同会は中部地区最大の重症虚血肢ネットワークであり、医師(内科・循環器内科・腎臓内科/透析科・糖尿病科・感染症科・心臓血管外科・血管外科・形成外科・皮膚科・整形外科・麻酔科・放射線科etc..),看護師,栄養士,理学療法士,生理検査技師,放射線技師といった多職種が関与することにより地域で足を救う活動をしています。鴨井院長は、同会の代表世話人を務めております。
➣CLINCHについてもっと見る

PAGE TOP