レントゲンでは見えない痛みの原因

モヤモヤ血管とは

痛みの原因部位にできてしまう異常な新生血管

損傷を受ける、あるいは繰り返しのストレスにより炎症が起きている部位には、その修復の過程で血管が増えます。
痛みの原因部位にできてしまう異常な血管が、血管造影画像では、かすんでぼやけて見えるため、この新生血管をわかりやすいように“モヤモヤ血管”と呼んでいます。
モヤモヤ血管は通常、出来ては消え、出来ては消え、ということを繰り返していますが、何らかの原因で消えなくなった病的新生血管のそばには病的な神経も増殖していることが分かっています。これらが痛み信号を発するほか、病的血流が増えることで局所の組織圧が高まることなどにより、五十肩や腰痛、膝の痛みなどの長引く痛みが引き起こされると考えられています。一般に、40歳以上になるとモヤモヤ血管を自然に減らす力が衰えてくるため、長引く痛みが生じやすくなります。
3ヶ月以上経過したモヤモヤ血管はなかなか消えないため、当院では症状の程度により注射療法と運動器カテーテル療法を組み合わせて治療を行っております。特に、運動器カテーテルは非常に強力に、かつ広範に炎症を減らすことが期待できます。

どのような方が対象となるか?

●概ね、3ヶ月以上の長引く痛み(慢性疼痛の方:急性疼痛は自然軽快することがあるため)
●他院で『手術を行わない方針』となっているが、痛みが改善しない方
●手術を含む治療を他院で受けたが、痛みが残っている方
●医療機関で『原因不明の痛み』と言われている方
●鍼・マッサージ・リハビリテーションなどに通い続けても痛みがとれない方。
●痛み止めを辞められない方(痛み止めを飲み続けると、胃や腎臓が悪くなってしまいます)
●スポーツや仕事での、繰り返しの動作により生じるようになった痛み

PAGE TOP