令和の痛み治療【足の慢性障害】

足の慢性障害とは?

足の慢性障害とは、スポーツや歩行などで足のいろいろな部位に痛みが生じる病気です。種子骨障害、外脛骨障害、足底腱膜炎、踵骨骨端症、踵骨滑液包炎などがあり、それぞれ特有の痛みがあります。原因としては、サッカーや陸上競技、バスケットボール、バレーボールなど、ランニングやジャンプが多いスポーツで、足の筋肉や腱に衝撃が頻繁に及ぶためといわれています。この他、足の柔軟性低下や扁平足、不適切な靴、足場の悪い路面での練習なども発生しやすくなると考えられています。

足の慢性障害の症状

足の慢性障害の症状としては、スポーツをしている時や歩行中に、足のいろいろな部位に痛みを感じるのが特徴です。足の慢性障害には、主に種子骨障害、外脛骨障害、足底腱膜炎、踵骨骨端症、踵骨滑液包炎などがあり、それらの障害によって痛みが局在しているため、診断が比較的容易といわれています。また、圧痛点や体重をかけたときの足の変形度も調べます。その際、荷重位でX線撮影をすると、扁平足による障害でないかの診断ができます。

足の慢性障害の診断

診察は圧痛点や痛みの局在、荷重位での足の変形などを調べます。荷重位のX線(レントゲン)撮影をすると扁平足障害などの診断が可能です。
①種子骨障害
②外脛骨障害
③足底腱膜炎
④踵骨骨端症
⑤踵骨滑液包炎

足の慢性障害の治療

足の慢性障害の治療方法としては、主に保存療法が行われます。足に負担のかかるスポーツが原因で障害が発生した場合は、まず練習量を減らしたり、一定期間休養をとります。また、これに加えてアイスマッサージを行ったり、低周波療法、温浴療法、足底装具の使用、ステロイドの局所注射、鎮痛消炎剤の使用などが行われます。発生要因を除去するため、足や下腿筋のストレッチ、スポーツ後のアイシング、足に合った靴を履く、足底装具の使用などで予防していくことが大切です。

足の慢性障害の予防

発生要因をよく考え、その要因を取り除くことが大切です。
①足部および下腿筋のストレッチング
②スポーツ後のアイシングの励行
③足にフィットしたシューズの選択
④足底装具の使用(インソール)
などで予防しましょう。

成人期扁平足の治療について

成人期扁平足の治療は基本的に保存的療法です。ほとんどの場合、保存的療法で改善します。まずは足・趾の筋肉をトレーニングすることを心がけます。タオルをたぐり寄せたり、足の裏をストレッチしたり、アキレス腱をストレッチしたり、日常生活での使用を心がけましょう。肥満も負担の原因になるため、体重を適正に維持するようダイエットを心がけましょう。足底板(インソール)という装具でアーチサポートを行うと症状が緩和されることがあります。手術は重症度によります。

足の慢性障害を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP