令和の痛み治療【強剛母趾】

強剛母趾とは?

「足の親指の付け根が痛い」と来院される患者様に多い疾患は痛風ですが、強剛母趾という疾患の可能性もあります。足の親指の母趾基節骨と第一中足骨の間には、母趾中足趾節関節(MTP関節)という関節があります。親指の付け根にあり、指先から数えると2番目の関節です。この母趾中足趾節関節(MTP関節)に変形性関節症が生じる疾患を強剛母趾とよびます。強剛母趾は歩行時や裸足での立ち座り時に痛みを覚えるために、普段の生活を障害します。歩行時に親指が痛むために無意識にかばってしまい、足の他の部分に痛みが現れることもあります。

足の強剛母趾の症状とは?

強剛母趾の特徴的症状は、上記に示した通り歩行時の踏み返しによる痛みや、母趾が上に反る(背屈)時の痛み、母趾の付け根の関節(MTP関節)の上面(背側)の骨性隆起と関節の腫れです。強剛母趾は母趾の付け根が腫れて痛みが出るため、外反母趾や痛風などと間違われることが多い疾患です。強剛母趾は母趾の付け根の関節の背側に骨性隆起が見られることが特徴です。一方の外反母趾は母趾が足の小指の方に向かって外反していることが特徴です。また痛風は、その腫れが赤みを帯びたびまん性の腫れで、外反母趾や強剛母趾の様に限局した腫れではありません。その痛みも外反母趾は靴による圧迫や歩行時の痛み、強剛母趾は母趾が背屈する時の痛みが特徴ですが、痛風は安静時でも激しい痛みがあることが特徴です。

強剛母趾の原因

強剛母趾は、母趾中足趾節関節(MTP関節)の変形性関節症によって生じる疾患です。骨と骨を繋ぐ関節は表面を軟骨で覆われています。軟骨には関節にかかる衝撃を和らげ、関節の動きをスムースにする役割があります。この軟骨がすり減ったり変形したりして骨と骨の隙間がなくなることで、痛みや腫れをおこす疾患が変形性関節症です。変形性関節症がおこる原因は明らかではありませんが、繰り返しの微小なケガや骨の形態異常などが要因となっていると考えられています。外反母趾を合併している場合もあります。また、患者様に中高年の女性が多くみられることから、加齢も関係していると推察されます。

強剛母趾の治療について

強剛母趾の診察や治療は整形外科で行われます。一般的に治療初期は保存療法で症状が改善するか様子を見ます。保存療法は、インソールやテーピングなどで母趾が反らない様に母趾MTP関節の背屈可動域を制限する方法と、消炎鎮痛剤の処方、ステロイド注射やヒアルロン酸ナトリウム注射などを施行して経過を観察します。比較的症状が軽い場合や保存療法で症状が軽快する場合は、母趾の運動性の改善や再発予防のためのリハビリを行う場合もあります。保存療法を行っても痛みが軽減されない、あるいは症状が悪化するケースでは手術が選択されます。

強剛母趾を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療(微細動脈塞栓術)という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP