令和の痛み治療【半月板損傷】

半月板損傷とは?

半月板は膝関節の間にある三日月形をした軟骨組織です。膝の内側と外側に分かれて2枚あり、膝を安定させたり、歩いたり走ったりしたときのクッションのような役割を果たしています。半月板損傷とは、その半月板が外部からの衝撃や圧力などにより損傷を受けた状態で、交通事故やスポーツで強い力がかかったとき、無理な動きをしたときや、加齢により変性した半月板に力が加わったときに発生しやすくなります。また、半月板が三日月形ではなく、半月や満月のように円い形の円盤状半月を先天的に持つ人がいますが、そのような場合は、小児の頃に半月板損傷を起こしやすいと言われています。

半月板損傷の原因は?

半月板損傷はスポーツによる膝関節の外傷では最も多いものの一つで、膝をねじった時や関節本来の運動範囲を超えて力が加わると起こりやすく、その場合は関節を支える靭帯も同時に損傷することがあります。もちろん日常的な動作でもストレスが半月板の一点に集中すると損傷が起こります。また明らかな外傷がなくても半月板が損傷することもあります。その原因として、外側円板状半月板という生まれつきの形の問題(半月板が幅広く分厚いため関節の中でひっかかりやすい)や加齢にともなう半月板の劣化を基盤としていることが考えられます。また、過去に膝関節の靭帯を損傷して関節が不安定な状態で経過すると、半月板に微小なストレスが加わり続けて損傷に至ることもあります。その他、半月板自体に異常な可動性があり、体重負荷や膝関節の動きに伴って半月板が過剰な動きをすることで痛みや引っかかり感の原因になることもあります。

半月板損傷の症状は?

突然に始まる膝の痛みで、関節を動かす時や体重をかけた時に特に強く痛みを感じます。しゃがむ動作や正座ができなくなるケースもあります。歩行、階段の昇降、椅子からの立ち上がりで痛くなると生活に支障が出てきます。寝返りをうつことでも痛みを感じるようになると良眠できません。損傷によって出血することや、関節内に炎症が起こって水が溜まることもあります。膝関節の中で物がひっかかるような感覚を感じたり、関節の動きにともなって音が鳴ったり、関節がずれる感覚あるいは関節が噛み合わないような違和感が起こる場合もあります。

半月板損傷の診断方法は?

膝関節に上記の症状が発生したら、まず整形外科専門医を受診し、傷害の内容や程度を把握すべきです。半月板はレントゲンに写りません。診断はMRI検査が有用です。以前は、関節造影が主流でしたが、MRI検査は痛みもなく、診断率も90%以上と非常に高いので、最近では関節造影はあまり行いません。最終的には、関節鏡検査(内視鏡を小切開で膝関節へ挿入し、半月板や靱帯、関節軟骨など関節内の状態を、テレビ画面に映し出された映像から肉眼で観察)を行って確定診断を下します。

半月板損傷の治療方法は?

半月には、軟骨にかかるストレスを減らす重要な役割があるため出来る限り温存する(残す)ことが重要です。以前は、半月切除術が主な治療法とされていましたが、半月切除後に長期間経過観察すると程度の差はあれ必ず関節軟骨が傷むことから、現在では温存を目的とした治療が重要視されています。実際の治療としては、運動療法や足底板、ヒアルロン酸の関節内注射などの保存療法か、関節鏡(1cmの小さな切開が2つで手術が可能です)を用いての半月切除術や修復術(ラスピング、縫合術)などの外科的治療が選択されます。症状および検査(MRI)結果が軽症で、特に血流がある部位の損傷の場合は保存療法が有効です。血流がない部位の損傷で、半月が痛みや引っかかり感の原因になっている場合には半月切除術を行いますが、半月には重要な荷重分散の役割がありますから切除範囲は最小限として全切除は避けるべきです。特に中高齢者で0脚の場合は、加齢によって内側半月に変性断裂が多々みられますが、安易に切除術を選択すべきではなく、まずは足底板や薬物療法からなる保存療法を開始すべきです。スポーツ復帰までの期間は、半月切除術で術後2~3ヶ月、縫合術では術後4~6ヶ月のリハビリが必要です。

予防/治療後の注意

治療後、ケガをした時と同じ動作を続けると再び半月板を損傷する可能性があるため、スポーツの際などは特に注意が必要です。また、股関節や足首など下肢全体の関節が柔軟だと、膝へかかる負担が軽減されやすくなり、半月板損傷の予防にもつながります。膝関節自体も柔らかい状態にしておくことが大切で、そのためにも普段からストレッチや筋トレを習慣づけ、運動する際には、準備運動や整理運動をしっかり行うようにして、体全体の柔軟性を保つようにしましょう。

半月板損傷を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。半月板のみならず、周囲の靭帯を含めた膝関節全体の炎症に対して作用させることができます。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP