令和の痛み治療【強剛母指】

強剛母指とは?

乳児の頃から母指(親指)の第1関節が曲がったままで伸びない状態を強剛母指と呼んでいます。母指の付け根の部分にしこりが触れることがありますが、あまり痛がりません。

強剛母指の症状

母指の第1関節が曲がったままで他動的にも伸びない状態であることに、近親者が気付き来院することが多いです。押しても痛みは伴いません。

強剛母指の原因

原因ははっきりわかっていません。

強剛母指の病態

母指を曲げる腱は、硬い靱帯性腱鞘というトンネルを通ります。腱がこのトンネルの出口で膨らんで太くなり、このトンネルの中に入らなくなります。

強剛母指の診断

生後3ヵ月以降になって親が母指を伸ばさないことに気が付くのが普通です。伸ばそうとしても伸びないことや、しこりがあることなどで診断します。

強剛母指の治療

運動療法による指の体操を指導しそれを行います。大概はそれを続ける事でよくなりますが、難治例では手術を行う事があります。手術は狭くなった靱帯性腱鞘を開きます。手術自体は難しいものではないのですが、全身麻酔や入院は必要になることがあります。就学児では、局所麻酔で可能な場合があります。

強剛母指による痛みが長引く場合

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP