令和の痛み治療【足根管症候群】

足根管症候群とは?

足底から足の指にかけてのしびれや痛み、冷え、ほてりなどを起こす病気です。足底に向かう神経が内くるぶしで障害を受けるのが原因です。坐骨神経の枝である後脛骨神経は、内くるぶしを回り、内側足底神経、外側足底神経に分かれます。内くるぶしの部分では、これらの神経が屈筋支帯で覆われたトンネル「足根管」を通過します。足根管症候群では足根管が何らかの原因で狭くなり、内側・外側足底神経が障害を受けます。原因が不明なものの頻度が最も多く、その他ガングリオンや神経鞘腫、脂肪腫といった病変が原因になることがあります。心不全や腎不全、甲状腺機能低下症などの病気に関連したむくみと関連があることもあります。

足根管症候群の症状は?

かかと以外の足の裏から足の指にかけて、しびれて痛くなりますが、足の甲や足首より上の方にしびれがでることはありません。足をつくと、ものがついているような感じや、砂利の上を歩いている感じなどを感じることがあります(異物付着感)。また、約半数に冷えを伴うことがあります。腰の病気や糖尿病による足のしびれに隠れていることがあります。MRIやレントゲンなどの検査ではみつけることができず、神経に電気をながす検査でも異常を検知できないことがあります。

足根管症候群の診断

足根管症候群の診断は、痛みやしびれの部位、受傷機転を確認し、原因や症状があるかどうかを診ていきます。内くるぶしの下を叩くかまたは触ると、末端の違和感(ティネル徴候)が出現します。また上記の身体所見に加えて電気診断検査で結果が認められれば,足根管症候群の診断の可能性が非常に高くなります。加えて慢性的に長期間続く足裏や踵の痛みもまた,神経の圧迫が考えられます。

足根管症候群の治療

特に原因となる病変がない場合には保存的治療で改善することが多いです。生活指導では長時間の立位・歩行を避けます。業務上必要な場合には休職や職種変更も検討します。内服薬を処方する場合は経口ビタミンB12製剤や消炎鎮痛剤、神経障害性疼痛改善薬などを用います。またインソールの改善も行います。原因不明で、上記の治療で改善が得られない場合には、ステロイド剤注射が有効なこともあります。治療抵抗性で、症状の改善が得られない場合には、手術が行われることもあります。

足根管症候群を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP