令和の痛み治療【顎関節症】

顎関節症とは?

顎は微妙に入り組んだ形と複雑な機能をもっています。ここには筋肉と関節と神経が集中し、下の顎をささえています。食事をしたり、おしゃべりしたりすると連動して動いています。この顎の関節やその周囲が何かの原因で痛みや動きにくくなるのが顎関節症です。最近、あごの関節の不快感を訴える方が増えてきました。あごが思い通りに動かず、食べ物が噛みにくい。あごを動かすと不快な音がする。痛みを感じて口が開かない。さらに症状は顎ばかりでなく、肩こりとか、腕や指のしびれ、偏頭痛、耳や鼻にも不快感を覚えることもあります。このように症状は広範囲にわたり、人によっては軽い症状から重い症状まで、個人差が大きいのが特徴です。顎関節症の多くは適切な対処で、日常生活に支障をきたすことがない状態にもっていけるものです。重い症状の場合、ほうっておくと、進行してあごの機能が完全に破壊されてしまうこともまれにあります。症状があれば早めの診察をお勧めします。

顎関節症の代表的な症状

顎関節に痛みが生じる、口が開けづらい、口を開くときに耳の付け根辺りで「カクッ」「ゴリッ」といった不快な音が鳴る、というのが主な症状です。これにより、硬い食べ物を噛めない、大きな食べ物を食べられない、顎の音が煩わしいといったストレスを抱えることになります。関節円板がずれている場合には、顎を動かすと引っかかるような音がしたり、顎関節を構成する骨の変形によってこすれ合うような音がしたりします。さらに症状が悪化すると、口を開けようとしなくても顎関節や、頬やこめかみなどの顎を動かす筋肉が痛んだり、口が開かなくなったり、さらには腕や指のしびれ、めまい、片頭痛、首や肩、背中の痛み、腰痛、肩凝りなどのほか、目、耳、鼻、歯、舌などに不快感や違和感を覚えるようになることもあります。

顎関節症の原因

顎関節症は「多因子疾患」(多くの要因が複雑に重なって発症する疾患)であると考えられています。
・ストレス
・歯ぎしり、食いしばり(夜間、日中)
・歯牙接触癖
・睡眠不足
・姿勢
・悪習癖(頬杖、異常な位置でかむ、顎の音をわざと鳴らす、舌の異常な動き等)
・カフェイン、ニコチン、アルコールの摂取状況
・かみ合わせ
・個人の解剖学的特徴(筋や靱帯、軟骨、骨の形や厚さなど)
などが含まれます。
30年ほど前までは「かみ合わせこそが顎関節症の大きな原因である」「かみ合わせ一因論」という考え方が主流でした。しかし、その後の多くの大規模な研究の結果、「かみ合わせは顎関節に関与するたくさんの因子の中の1つにすぎず、むしろ影響は少ない」という考え方が20年ほど前からは主流となっており、かみ合わせを顎関節症の主な原因とする考えはかなり古く、世界的にも否定されています。また、かみ合わせの異常が顎関節症の「原因として」ではなく「結果として」起こることも分かっており、症状が強い時にかみ合わせを扱うことは禁忌(医学的にやっってはいけない)の場合もあります。ただし、状況によってはすぐに調整が必要な時もあります。

顎関節症の治療法

顎関節症の治療法にはいろいろありますが、対症療法として、関節痛に対しては安静を指示し、疼痛の強い場合には痛み止めを投与します。また、筋痛に対しては、大開口による筋ストレッチや筋肉のマッサージなどを指示します。慢性筋痛や広範囲の筋痛および痛み神経の過敏化に対しては三環系抗うつ薬が効果的なこともあります。次に、就寝中に歯ぎしりや食いしばりのある方にはスプリントと呼ばれる装置を歯の上につけて寝てもらい、顎のズレを修正していく事から始めるのが一般的です。どうしても治らない場合には筋肉のしこりであるトリガーポイントに直接ボトックスなど筋肉の過緊張を取り除く注射をすることもあります。

顎関節症を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP