令和の痛み治療【腱鞘炎】

腱鞘炎

腱鞘炎は、手首や手のひらの腱の周りにある腱鞘と呼ばれる部位の炎症です。この炎症により、手首や手のひらを動かすときに痛みや違和感を感じることがあります。この症状がある場合は、早めに医師に相談することが大切です。

腱鞘炎の症状
腱鞘炎は、手首や手のひらを動かすときに痛みや違和感を感じることがあります。また、手首や手のひらの腫れや赤みがあることもあります。特に、手首や手のひらを動かすときに痛みが強くなる場合は、腱鞘炎の可能性があります。

腱鞘炎の原因
腱鞘炎の原因は、手首や手のひらを過剰に使ったり、同じ動作を繰り返したりすることが挙げられます。例えば、長時間のパソコン作業や、釣りやテニスなどのスポーツをすることで発症することがあります。
また、手首や手のひらの筋肉が弱い場合や、腱や腱鞘が太くなっている場合にも発症することがあります。さらに、関節リウマチや糖尿病などの病気を患っている場合にも、腱鞘炎が発生することがあります。

腱鞘炎の診断
腱鞘炎を疑った場合は、医師に相談することが必要です。医師は、症状を確認し、手の動きや力を調べることで診断を行います。また、エコー検査やMRI検査などの画像診断を行うことで、症状の原因を確認することもあります。

腱鞘炎の治療
腱鞘炎の治療には、保守的な治療と手術治療があります。保守的な治療では、炎症を抑えるための湿布や薬を用いることがあります。また、手首や手のひらを固定することで、症状を緩和することもあります。
手術治療では、腱鞘を切開して炎症を取り除くことで症状を改善する方法があります。手術治療は、保守的な治療が効果がなかった場合や、重度の腱鞘炎の場合に行われることがあります。

腱鞘炎の予防
腱鞘炎を予防するためには、以下のようなことが大切です。
過剰な手首や手のひらの使用を避ける
手首や手のひらの筋肉を鍛える
定期的なストレッチやマッサージを行う
睡眠や食生活に注意し、体を健康的に保つ
また、スポーツや仕事で手首や手のひらを多く使用する場合には、適切な装具を使用することで予防効果を高めることができます。

まとめ
腱鞘炎は、手首や手のひらの腱鞘の炎症であり、手首や手のひらを動かすときに痛みや違和感がある症状があります。原因は、手首や手のひらを過剰に使用したり、同じ動作を繰り返すことが挙げられます。治療には、保守的な治療と手術治療があり、予防には適切な手首や手のひらの使用と運動が大切です。腱鞘炎の症状がある場合は、早めに医師に相談することが大切です。

腱鞘炎を早く治すにはどうしたらいいですか?

上記とは別に、近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

腱鞘炎の実例紹介

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP