令和の痛み治療【成人期扁平足】

成人期扁平足とは?

扁平足とは土踏まずがなくなった、つまり足裏の縦と横のアーチが低下した状態のこと。扁平足は発症する年齢によって、幼児期扁平足、思春期扁平足、成人期扁平足に分けられます。生まれつきの扁平足と考えて、痛みがあったとしても治療できるものと思っていない方や医師も多いようです。内くるぶしの下にある後脛骨筋腱という腱が、炎症を起こしたり擦り切れたりして起こることが最近分かってきました(後脛骨筋腱機能障害)。内くるぶしの下のあたりがはれて、ゆっくりと扁平足になっていく場合と、つまづくなどのケガをきっかけとして発症する場合があります。この障害は通常、中高年になって発症します。なお、よくみられる若い時からの変形で、症状のない扁平足は、病院で治療する必要はありません。

足裏のアーチ構造とは?

足裏のアーチ構造はサスペンションのような働きをしています。全身の体重によりかかる衝撃・負荷をアーチで吸収し振動を抑えることで、姿勢のバランスを取っています。内側の縦のアーチ(親指側~かかと)、外側の縦のアーチ(小指側~かかと)、指の付け根にある横のアーチ(親指の付け根~小指の付け根)、この3つのアーチで構成されています。このアーチ構造は、足関節の内くるぶし(内果)の下を走る後脛骨筋腱により吊り上げられています。

成人期扁平足の原因

成人期扁平足は、主に内くるぶしの下を走る後脛骨筋腱の変性や断裂が原因で発症します。足にはアーチ構造があり、効率よく体重を支える役割を果たしています。内側のくるぶしの下に、アーチをつり上げる働きをする後脛骨筋の腱が通っています。変性や断裂の原因としては加齢による腱のゆるみをはじめ、急激な体重増加、長時間の立位や歩行、無理な運動、足に合わない靴やヒールの着用、足首周辺の外傷や手術などが挙げられます。後脛骨筋腱に変性や断裂が生じると筋力が低下して、足の裏のアーチが維持できない状態になります。このように加齢や体重負荷によって断裂したものを後脛骨筋腱機能不全と呼びます。これは成人期扁平足の最も多い原因とされています。発症は中高年の女性、太り過ぎの人に多い傾向があります。また後脛骨筋腱は内くるぶしの下で方向を変えている点が特徴です。この構造によって負荷を受けやすい上に血流障害がおきやすいと言えます。このことも腱が変性や断裂を起こすリスクを高めていると考えられます。

成人期扁平足の症状は腫れと痛み

成人期扁平足の症状は腫れや痛みです。多くの場合で内くるぶし付近が腫れて痛みますが、損傷程度や部位によって腫れる場所や痛みの程度は変わります。症状初期には足裏の扁平化は目立ちませんが、つま先立ちや歩行でさらに悪化すると扁平化が進行します。足裏や外くるぶしも痛むようになり、足関節の柔軟性がなくなり歩きにくくなります。

成人期扁平足の診断と検査

問診にて痛む場所や程度をお聞きしたうえで、足裏の扁平化と内くるぶし付近の腫れや痛みを確認します。また後ろから足を見ると、足のアーチが落ちて扁平化しているため、かかとが外を向いて足指が何本か見えます。体重をかけてレントゲン撮影を行い、足関節の角度から重症度を評価します。後脛骨筋腱断裂を疑えばMRIを撮ることもあります。

成人期扁平足の治療について

成人期扁平足の治療は基本的に保存的療法です。ほとんどの場合、保存的療法で改善します。まずは足・趾の筋肉をトレーニングすることを心がけます。タオルをたぐり寄せたり、足の裏をストレッチしたり、アキレス腱をストレッチしたり、日常生活での使用を心がけましょう。肥満も負担の原因になるため、体重を適正に維持するようダイエットを心がけましょう。足底板(インソール)という装具でアーチサポートを行うと症状が緩和されることがあります。手術は重症度によります。

成人期扁平足を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP