令和の痛み治療【野球肘】

野球肘とは?

野球肘とは、野球の投球動作により肘を痛めるスポーツ障害の総称です。他のスポーツと比べて、野球の投球ほど、肩や肘など身体の同じ部分に同じ力がかかり続けるスポーツ動作はありません。この負担に加えて、成長期の小中学生の関節付近には、大人の成熟した骨に比べて明らかに弱い成長軟骨があります。そのため、小学生の野球選手における野球肘の発生率は、20%にも及びます。

肘の外側が障害される野球肘

肘の外側の小頭(しょうとう)という部分の障害です。離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)とも呼ばれます。発生する頻度は100人に1~3人程度です。初期に発見し、治療すれば、完全に治癒します。しかし、初期は痛みがあまりなく、痛みが出て、軟骨(なんこつ)がはがれるまでに1~2年以上かかることから、本人も周囲も気づかずに投げ続けることになります。痛くなってから病院を受診した場合、手術が必要になることもあります。軟骨がはがれる前に発見できれば、手術をしなくても治る可能性が高いですが、軟骨がはがれてしまうと手術が必要です。また、手術をしても完治しない場合もあります。早期発見するためには、症状のない段階で検査をする必要があります。

肘の内側が障害される野球肘

肘の内側上顆(ないそくじょうか)という部分の障害です。内側の靱帯(じんたい)が骨についているところが、くり返し引っぱられ、骨・軟骨が傷つきます。野球肘のなかでもっとも発生頻度が高く、10人に1~3人程度に起こります。 通常は2~4週間の投球中止で復帰できます。高校生以上では内側の靱帯を損傷することが多く、重症な場合は手術が必要になることもあります。

肘の後方が障害される野球肘

肘の肘頭(ちゅうとう)という部分の障害です。小学生にはあまり認められず、高校生以上で生じることが多いです。投球動作ではボールリリースからフォロースルーのときに肘の後側・内側に痛みが出ます。肘を伸ばすときにも痛みがあり、肘が伸ばしにくくなります。通常は2~4週間の投球中止が必要で、それでも治らない場合は手術が必要になることもあります。

投げ過ぎは良くないのですか?

甲子園での高校球児の過剰な投球数が話題になっていますが、投球数が多いことが肘へのストレスが大きくなっている一番の要素になります。投球フォームがきれいだったり、上半身、下半身ともに筋力や関節可動域が整っていたとしても、投球数が多すぎると肘へのストレスは避けられません。成長期の子供の場合は、特に自己判断が難しい場面があるため、コーチや監督等の指導者が投球数が増えないようにする、もしくは投球数を制限するような判断が重要になります。

フォームが原因だったりしますか?

肘に負担がかかりやすいフォームとして、投球時に「肘が下がってしまう」フォームが挙げられます。投球フォームの崩れは、元々の投球フォーム自体が負担のかかりやすい場合と、試合で投球数が増えてくると全身的に疲労が蓄積されて正しいフォームが崩れてしまう場合があります。野球肘を予防するためにも、フォームの崩れ、修正は必ず必要になります。投球動作は、「身体全体で行うもの」ですが、最終的には腕や手で力を伝えます。だから、必然的に肘や肩に負担がかかりやすくなります。そのため、肘以外の関節に関しても、可動域や筋力について目を向ける必要があります。特に、股関節や胸郭、肩関節に関しては、硬くなりやすく、肘への負担が増加する可能性が大きいです。だから、柔軟性アップ、および筋力強化を行うことが必要です。

野球肘の診断はどのようにして行うのですか?

画像検査(レントゲンやエコー)と理学所見により診断します。場合によっては医師の判断でMRIやCTなどの精密検査を行います。肘へのストレスが積み重なることにより、肘周辺の①筋肉や靭帯の付着部の炎症②靭帯の損傷③神経の障害④軟骨の損傷などが起きます。外側の障害のなかでも気を付けなければいけない病態として「離断性骨軟骨炎(OCD)」があります。OCDは長期の投球禁止が必要になったり、肘の変形につながったりすることもあるため、早期の発見・治療が大切です。

野球肘の治療方法はどんなものがありますか?

○保存療法
大半のケースは、保存療法にて改善します。状態に応じてリハビリテーションを行っていきます。
Ⅰ.安静期
症状に応じて必要であれば数週間から1-2カ月の期間投球を禁止し、肘の炎症改善を中心に取り組みます。軟骨障害が著しい場合などは3カ月以上の安静が必要な場合もあります。肘の可動域の改善や患部以外も含めた柔軟性・筋力の改善を行います。
Ⅱ.部分復帰期
医師の診断のもと、投球を開始していきます。距離や力の入れ具合を少しずつ強くしていき、段階的に復帰します。筋力や柔軟性の改善と並行して、投球動作に必要な全身のバランスを改善するようなトレーニングを行っていき、負担の少ない投球動作の獲得を目指します。
Ⅲ.完全復帰期
練習や試合に完全復帰していきます。体のケアの仕方やトレーニングの方法を覚えて、再発しないような体作りを目指します。

○手術療法
軟骨や靭帯などの組織の損傷が激しく、保存療法で改善が見込めない場合、手術に至る場合もあります。

野球肘を早く治すにはどうしたらいいですか?

上記とは別に、近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。
筋肉や靭帯、腱などを傷つけることなく、血管の中からアプローチしますので身体にはとても優しい治療です。スポーツ障害には非常に適していると言えるでしょう。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

野球肘になりにくくなるためには、どうしたらいいですか?

運動前後のストレッチやアイシングは重要です。前腕の筋肉や肩関節、股関節のストレッチを行い、柔軟性を高めることで肘関節にかかる負担軽減に繋がります。特に練習後は、それぞれ30秒程かけゆっくりとストレッチをするようにしましょう。また、氷を患部に当てて冷やし、炎症を抑えることも必要です。

モヤモヤ血管

肩・腕・肘・手

腰臀部股関節

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP