令和の痛み治療【ブシャール結節】

ブシャール結節とは?

ブシャール結節とは指の第2関節の軟骨が摩耗し、関節の変形・腫れ・屈曲などが起こる疾患です。痛みを感じる方もいますが、なかには全く感じないという方もいます。ブシャール結節に似た症状を持つ疾患に「へバーデン結節」がありますが、へバーデン結節は第2関節ではなく第1関節で症状が起こります。ブシャール結節・へバーデン結節ともに、指の変形性関節症に分類されます。特にブシャール結節は40代以上の女性に多く見られるのが特徴です。

ブシャール結節の症状

指の第2関節の腫れや痛み、こわばりなどの症状を伴います。変形が進行してしまうと関節を動かすことが難しくなります。稀なケースだと関節に水が溜まってしまうこともあります。雑巾を強く絞れなかったり、ペンや箸をうまく使うことができないなど、日常生活に支障をきたすような症状が現れることがあります。

ブシャール結節は何が困るの?

第2関節の動きが悪化すると、痛みはもちろんですが手の機能に大きな支障をきたします。指には3つの関節があり、それぞれの関節の曲がりや角度を見ると、大きな差はないように見えますが、実際の生活や仕事における動作で最も曲げ伸ばしが多いのが第2関節です。ヘバーデン結節のように第1関節の動きが悪化しても劇的な変化は起こらないですが、ブシャール結節による第2関節の動きが悪化すると指全体の動きが大きく損なわれてしまいます。人差し指であれば、物をつまむ・ペットボトルのキャップを開けるなどの動作が困難になります。薬指や小指であれば力強く握る事が出来なくなります。中指が障害されれば、全体の指の動きにも影響が出てきます。以上のように、第2関節は手の動きに非常に大切な役割を果たしているので、ブシャール結節の治療においては痛みをコントロールする事だけではなく、動きを維持・向上させる事も必要です。ここがヘバーデン結節の治療と異なる点です。

ブシャール結節の原因

実はブシャール結節の原因は、現在もはっきりとは分かっていません。ただし、遺伝・加齢・妊娠・出産時や更年期のホルモンバランスの乱れ・腎臓機能低下・手先の使いすぎなどが原因ではないかと言われています。

ブシャール結節の検査

触診や画像検査などを行います。ブシャール結節と似た症状を持つ「関節リウマチ」との鑑別のために血液検査を行うことがあります。免疫異常が見られる関節リウマチであれば、血液検査の数値で診断可能です。ブシャール結節では血液検査の数値の異変が認められません。また関節リウマチの症状に含まれる、発熱・倦怠感・貧血・関節破壊があるかを確認することも、正確な診断のために重要になります。関節破壊の有無はレントゲン検査で確認します。検査で得られた情報をもとに、関節リウマチなどの似た病気との識別を行いながら診断します。

ブシャール結節の治療

まず痛みを沈静化させるために、飲み薬や注射、またスプリント(装具)を着けてもらいます。痛みがある程度改善されたら関節を柔らかくし、動きを向上させるためのリハビリを行います。しかし、関節の変形が進行していると動きが通常通りに戻るのに限界があることも事実ですので、おかしいなと思ったら早めの治療開始が肝心です。薬や注射、リハビリといった治療でも、思ったような改善が得られない場合には手術治療を検討します。手術方法としては、人工関節置換術、関節固定術、屈筋腱部分切除術といった方法があります。

ブシャール結節を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

ブシャール結節の実例紹介

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP