令和の痛み治療【頸椎症性神経根症】

頸椎症性神経根症とはなんですか?

頸椎疾患は頸椎症や頸椎椎間板ヘルニアなどがあります。頸椎疾患は加齢変化が関わって起こるため、誰にでも発症してしまう可能性がある病気です。頸椎症の骨棘と呼ばれる変性した骨のとげや椎間板ヘルニアなどにより頚部脊髄が圧迫され症状が発症したものを頚髄症、脊髄への圧迫症状はなく脊髄から分岐する神経根の圧迫症状からくる病気を頚部神経根症といいます。神経根を圧迫するものが加齢変化による骨棘を伴うものを頸椎症性神経根症といい、首から肩甲部・腕・手指の神経痛・しびれなどを生じます。まれに腕や手の麻痺・筋萎縮を伴うこともあり、こういった場合には頸椎症性筋萎縮症とも言われています。

頸椎症性神経根症の症状

頸椎症性神経根症は、手先の痛みやしびれ、首の動かしにくさが症状として出現します。また、症状が強い場合には痛みやしびれだけではなく、末梢部位の感覚まひなどを引き起こすこともあります。症状が強くなる態勢としては、首を上に向ける動作が挙げられます。これは頸椎を後ろに反らすことで神経の圧迫が強くなるためです。症状を訴える人の中には上肢が自由に動かせなくなったりして、手に力をいれることが難しいという症状が表れる人もいます。その場合には、神経根の圧迫によりまひしてしまった筋肉が萎縮してしまうため、迅速な治療が必要です。

頸椎症性神経根症の原因

頚椎症は加齢や繰り返される負担によって引き起こされることがほとんどです。加齢に伴う変性には個人差があり、どのような人に起こりやすいのか・何が原因で重症化しやすいのかなどについてはいまのところ詳しいことは解明されていません。パソコンなどの下向きで行う作業や、首を反らす姿勢の繰り返しなども原因の一つと言われています。

頸椎症性神経根症の診断方法について

多くはX線(レントゲン)による頸椎症性変化を見ることで診断します。MRIで神経根の圧迫を確認しにくい場合もありますが、骨棘と呼ばれる変性した骨のとげによる椎間孔(神経根が出ていく孔)の狭窄がわかる場合もあります。

頸椎症性神経根症の治療法について

脊髄圧迫による頚髄症の治療では、保存的治療で効果がない場合、椎弓形成術や前方除圧固定術を行うことが基本的な治療となっています。一方で、頸椎症性神経根症の場合には、保存的治療でも3か月程度で多くの患者さんがほぼ治癒することから、一般的には外科手術は行われません。しかし、通院しても治らない患者さんがいらっしゃるのも事実です。そういった患者さんは様々な病院やクリニックなどを受診してみたり、鍼灸院や整体、カイロプラクティックに通ったりと苦労されています。保存的治療が有効な疾患ではありますが、痛みなどによって眠れない、仕事や家事に集中できないという重症患者さんに、「一定期間は保存的治療で経過観察するしないので、痛みと付き合っていくしかないですね」と言うのは酷です。なかには痛くて仰向けになれずMRIの撮影すらできない患者さんもいるように保存的治療では痛みが改善しない人、痛みが改善されてもしびれが強く残る人もあります。あるいは一旦症状が改善しても、症状が再発することもあります。こういった重症患者さん・保存的治療では効果が得られない患者さん・再発を繰り返す患者さんには、運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。

頸椎症性神経根症の治療後の注意

日常生活の中で頸椎に過度な負担をかけないこと、正しい姿勢でいることが挙げられます。首を大きく反らした状態で長い時間過ごすなどの動作は、頸椎に大きな負担となるため避けるべきです。基本的に頸椎症性神経根症は保存療法で治療していく病気です。痛みやしびれの症状が出なくなったとしても、以前と同じような行動をしてしまっては、再び痛みやしびれが発症する可能性もありますので、油断せずに根気よく治療を続けたほうがいいでしょう。

頸椎症性神経根症を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。炎症を鎮めるほか、血行を改善したり周囲の組織を柔らかくしていくことにより症状を改善させます。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

PAGE TOP