令和の痛み治療【ドケルバン病】

ドケルバン病とは?

ドケルバン病とは、親指と手首(手関節)を繋いでいる2本の腱「短母指伸筋腱」「長母指外転筋腱」や、その2本の腱を覆うトンネルのような「腱鞘」が炎症を起こしている状態です。

腱と腱鞘の関係

指は腱があることによって曲げ伸ばしすることが可能となります。指とつながっている腱は、前腕の筋肉が生み出す手を握るなどの強い力を指先まで伝える役割をしています。腱鞘は腱の浮き上がりを押さえるためトンネルのような構造で腱を通しており、 通常時は腱が腱鞘のトンネルの中を摩擦なく通ることができることで、スムーズな指の動きが得られるわけです。

ドケルバン病の症状は?

ドケルバン病の症状は、親指を動かしたり(広げたり)力を入れたりすると親指側の手首が痛くなる、親指側の手首あたりが腫れる、力が入らなくなるなどの症状が挙げられます。

ドケルバン病を発症しやすい人とは?

ドケルバン病を発症しやすい年代があると言われています。
<妊娠・出産時期:20~30代>授乳や沐浴で赤ちゃんの頭を支える時など親指を広く開く動作を頻繁にすることで親指に負担がかかることが要因です。妊娠・出産によるホルモンの影響もあります。
<更年期:50代~60代>閉経に伴うホルモンバランスの変化や家事による手の酷使が原因です。
ドケルバン病は、手の細かい動きを必要とする・長時間にわたって手首を酷使するような職業の人たちが罹りやすく、「職業病」とも呼ばれています。以下のような職業は特に指を酷使することがあるので発症しやすい業種と言われています。料理人・美容師・ピアニスト・テニスプレーヤー・ゴルファー・仕事でパソコンのキーボード操作をよくする人・スマートフォンの操作を片手で行っている人。

ドケルバン病の原因は?

ドケルバン病の一番の原因は親指を使い過ぎです。親指に負荷をかけすぎることで、親指を伸ばすための腱である「短母指伸筋腱」や広げるための腱「長母指外転筋腱」の傷つき腫れてしまいます。それと同時にこの2つの腱を覆う腱鞘も厚くなってしまい、腱の通り道が狭くなってしまいます。さらには、腱が腱鞘を通過する時の滑りも悪くなってしまうため、親指・手首を使うとより一層炎症が広がってしまい、腫れや痛みといった症状が酷くなるという悪循環に陥ってしまいます。そのため、ドケルバン病は「狭窄性腱鞘炎」とも呼ばれています。また、近年、よくスマートフォンが普及したことによって「ドケルバン病」と診断される患者さんが増えたため、「スマホ腱鞘炎」という別名も付けられています。
女性ホルモンの変動(プロゲステロンの増加、エストロゲンの減少)も1つの原因となります。実はドケルバン病は女性に多いんです。その理由に「女性ホルモン」が関係しています。ドケルバン病になりやすい時期の一つである妊娠・出産時期には、「プロゲステロン」という妊娠の維持に必要なホルモンが通常期よりも多く分泌されています。このプロゲステロンには、腱を覆う“腱鞘を収縮させる”という作用も持っていることから、腱の滑りを悪くする原因の一つと考えられています。一方で更年期の時期には、卵胞ホルモンとも呼ばれる「エストロゲン」が閉経に伴い減少していきます。エストロゲンは女性らしい体つきを作る・髪や肌の潤いを保つ働きだけでなく、腱や関節を柔軟に保つという作用を持っているため、減少することで腱や腱鞘が炎症を起こす原因となっています。

ドケルバン病の治療方法

<保存療法>サポーターやテーピングなどで親指の動きを制限します。原因となっている動作であるスマホの使い過ぎなどを控えるようにしてもらいます。炎症が強い場合にはしっかりとした固定が必要となることがあります。
<薬物療法>湿布や塗り薬など炎症を抑えるような外用剤・内服を使用します。
<注射療法>痛みの原因となっている腱鞘の中にステロイドという炎症を抑える薬剤を超音波で場所を確認しながら注射します。非常に効果が高いものですが、頻回に注射すると腱そのものが劣化する可能性があるので間隔をあける投与する必要があります。
<手術療法>保存的治療を行っても痛みが強く日常生活に大きな支障をきたす場合には、腱鞘切開という腱鞘を切り開いて腱の通り道が狭くなっているところを開放する手術を行うことがあります。

ドケルバン病の予防法

「お鍋のふたのつまみ側を下にして置く動作」「本をめくる動作」など、ついつい手首を裏返してしまいがちな動作がありますが、できるだけ裏返さないように気を付けましょう。スマートフォンの片手操作も親指・手首に負担大ですので、両手で操作すると良いです。1回あたり30秒前後、1日3回を目安で親指の付け根部分を反対の手のひらで軽くマッサージしてみるのでいいでしょう。日ごろから大豆製品(豆腐・納豆・煮豆・みそ等)をバランスよく摂取するも良いと言われています。大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は、ドケルバン病の発症を予防する「エストロゲン」と似た作用を持ち「植物性エストロゲン」とも呼ばれています。

ドケルバン病を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。一般的に腱炎・腱鞘炎の場合、病的新生血管が他疾患に比べてより直接的に悪影響をおよぼしているため、かなり早い時期に改善します。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

PAGE TOP