令和の痛み治療【四十肩】

四十肩とはどんな病気ですか?

四十肩は関節痛の一種です。年齢を重ねると、肩の関節がスムーズに動かなくなることがあります。このような症状を、通称「四十肩」「五十肩」と呼びます。四十肩、五十肩は、その名の通り40代で症状が出れば四十肩、50代で症状が出れば五十肩と呼んでおり、それぞれに違いはありません。原因は加齢によるものが多く、特徴として肩をあげたり水平に保つのが難しくなります。そのため、洗濯物が干しづらくなった、肩よりも上のものが取りづらくなった、背中のファスナーがあげられないなどの症状が現れます。よく肩こりと混同されてしまいがちですが、肩こりは筋肉の緊張などから起こるもので、四十肩とは明らかに違うものです。肩を動かした時に痛みが出たり、腕を後方に回せない、なかなか肩があげられないなどの症状がある場合、ひどくなる前に何かしらの対処をしましょう。

四十肩の原因はなんですか?

四十肩は肩の関節にある「腱板」という組織が炎症を引き起こし「関節包」に広がる事で起こります。これは老化に伴い、筋肉や腱の柔軟性が失われスムーズに動かなくなるからと言われていますが、実際のところ原因ははっきりしていません。

四十肩の4つのステージ

四十肩・五十肩はなぜ起きるのかというと、実は、原因は明らかになっていません。一説には、加齢やデスクワークなどで同じ姿勢を続けて肩関節まわりがこわばった結果、傷つきやすい状態になることが損傷のきっかけを作るといわれています。そしてあるとき肩に炎症が起こったら、以下のように4つの段階を経て症状が進行します。

①発症期
きっかけがなく痛み始め、発症の時期を特定できないケースがほとんど。特定の場所に炎症が起こり、いつの間にか痛みがじわじわと強まっていきます。

②炎症期
炎症がピークの状態。肩や腕を動かすと激痛が走り、何もしなくても痛みがあります。この時期は、痛みが強すぎてその範囲を特定できません。「夜間痛」で睡眠障害になる人もいます。 激痛があるときは、整形外科病院やクリニックなどの医療機関の受診をぜひおすすめします。痛みを我慢して慢性化させてしまうと、回復にも時間がかかってしまうためです。

③回復期
痛みが和らぎ、痛みの範囲も、肩の前面や側面など「ここが痛い」と特定できるようになります。この段階で油断すると、「②炎症期」に逆戻りすることも。②と③を半年から1年間繰り返す人もいるので、要注意です。

④炎症完全沈静期
痛みが完全に消える状態。ただ、肩関節まわりの筋肉や滑膜と呼ばれる関節内を覆う組織が炎症の影響で固まっているため、肩の動かしにくさが残ります。

四十肩と肩こりの違いは?

簡単に説明すると肩こりは「筋肉疲労」、四十肩は「炎症」の状態です。一般的な肩こりは筋肉の緊張からくる、血液循環の悪化が原因。習慣化した姿勢の悪さや、運動不足、ストレスにより筋肉疲労がおこり、張りや痛みを引き起こします。一方、四十肩は老化などにより、肩関節をとりまく関節包や腱板に炎症が起こる事で痛みが生じると言われています。その為年齢の若い方より、中年以降に発症する事が多いのです。肩こりと四十肩では対処の仕方が異なる場合があります。誤った判断で痛みを悪化させることのないよう、正しい診断の元、適切な対処をすることがとても大切です。

もしかすると腱板断裂!?

いわゆる「四十肩・五十肩」の特徴は、肩の動きが悪くなり痛みを伴うことです。整髪や洗髪、また服を着る際に、肩関節がこわばって腕を動かしにくくなります。放置すると、肩の関節を包む「関節包」と呼ばれる袋が硬くなり、肩が挙がりにくくなることもあります。一方、上腕骨と肩甲骨とをつなぐ腱が切れてしまう「腱板断裂」では、肩を挙げるときに力が入りにくくなったり、肩の上前面で「ジョリジョリ」という音がしたりすることがあります。肩を動かすときに痛みを感じることもあります。ただし、上記の症状には痛みを伴わない場合もありますので、自己診断せずに、病院で正確な診断を受けることが重要です。腱板断裂は、肩関節にある腱板が裂けて起こります。ほとんどの断裂の大きさは当初はとても小さいもので、ケガをした記憶がなくても断裂が始まっていることがあります。腱板断裂を放置すると、断裂が大きくなり症状が悪化して、家事などの日常生活に支障をきたすおそれがあります。夜間に眠れないほどの痛みを訴える人もいます。

四十肩の治療方法は?

四十肩の治療は、痛みと可動域制限を和らげることを目的とした『保存療法』が中心となります。ただし、症状が病期によって異なるため、それに応じた治療が必要となります。ほとんどは保存療法で症状を緩和できますが、保存療法を行っても痛みや拘縮が軽減せず、手術が必要となるケースが稀にあります。
最近ではハイドロリリース(筋膜リリース)という新しい治療法も出てきました。エコーで画像確認をしながら筋膜に注射で薬液を注入し、筋膜の癒着を剥がします。つまり癒着が剝がれ筋肉の動きが良くなることで、疼痛を解消する治療です。従来行われてきた局所に対しての注射は、痛み止めや麻酔薬の効果により疼痛軽減を期待するものでしたが、ハイドロリリース(筋膜リリース)は癒着を剥がす事が目的なので、使用するのは生理食塩水と極少量の麻酔薬・鎮痛薬です。ただし、ハイドロリリース(筋膜リリース)により一時的に痛みが消失しても、生活習慣や身体の使い方が変わらなければ症状は繰り返し出現します。

四十肩を早く治すにはどうしたらいいですか?

上記とは別に、近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

整体で治るものでしょうか?

整体やカイロプラクティックはおすすめはしません。理由は「症状の軽減はあるかもしれないが、症状を悪化させてしまう方も多い」からです。実は整体師やカイロプラクターと名乗る人たちが持っている資格は3ヶ月程度の受講でとれてしまう民間資格なのです。日本では、柔道整復師や鍼灸師、マッサージ師といった資格は国が指定する学校へ3年間ほぼ毎日通い国家試験に受かったものしか名乗れません。解剖生理などの知識が一定以上なければ危険であると国が判断しているということです。誰でも簡単に名乗れてしまうだけに、技術のレベルにとてもムラがあるのは想像がつくと思います。以上のことを踏まえると、カイロプラクティックや整体といったものを安易に選ぶのは少し考えものです。

モヤモヤ血管

肩・腕・肘・手

腰臀部股関節

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP