令和の痛み治療【痛風】

痛風はどうして起こるのか?

尿酸は何かというと、動物の内臓や魚の卵などの細胞の核内に多く含まれるプリン体という物質から肝臓内で排出される「老廃物」です。作られた尿酸は血液中に溶け出し、腎臓から尿中に排出され、残りが腸で分解されます。尿酸の合成が多くなり過ぎたり、または腎臓での排出が低下してしまうと血液中の尿酸値が上がってしまいます。痛みが出ていなくとも血液検査で尿酸値が7.0mg/dl以上は高尿酸血症と言います。この高尿酸血症が続くと、ある日突然、片方の足の親指のつけ根に強烈な痛みが出ます。これが痛風発作と言うやつです。痛風発作がなぜ起きるかというと関節にたまった尿酸の結晶を白血球が異物とみなして攻撃するために起ります。足の親指のつけ根に起るものが多く、次いで膝、足、手、指の関節に起ります。関節は赤く腫れ、安静時でも、夜間でも、耐えがたい強い痛みがでます。

痛風への治療法は?

痛風発作の前兆として、関節がうずく様な症状が出た時にコルヒチン錠を使うと痛風発作をおさえる事ができます。疼痛が出てしまった場合には、非ステロイド性抗炎症剤(インドメタシンなど)を服用します。この場合、だいたい数日間で痛みは消えます。しかし、痛みが消えたからといって痛風が治った訳ではありません。痛風発作の原因である尿酸値を正常値範囲に抑えておかなければ発作を繰り返すだけではなく様々な内臓障害がでてきます。尿酸値を下げる薬物療法は、痛風発作がおさまってから開始します。3~6ヶ月かけてゆっくり尿酸値を下げ、4.6~6.6mg/dlを目標値とします。内服薬は大きく分けて2つあります。一つは尿酸の合成が多くなりすぎたタイプに対して尿酸を作りにくくする薬、もう一つは腎臓からの尿酸の排出が低下するタイプに尿酸の排泄を良くする薬を使います。結局、痛風の治療は尿酸値を4.6~6.6mg/dlにコントロールすることですから、これらの薬は痛風発作の有無にかかわらず検査結果によって飲み続ける必要があります。

痛風の診断で薬をもらったのですが、痛みが止まりません。

痛風の発作中に尿酸をコントロールする薬を服用すると発作が長引いて痛みが止まらなくなる場合があります。発作中には、とにかく鎮痛剤で痛みを止めて、痛みが収まった後で改めて尿酸をコントロールする必要があります。

ビールだけ控えてれば大丈夫ですか?

尿酸値はアルコールそのものでも上がります。またプリン体ゼロのビールに変えてもアルコール自体で尿酸値が上がります。アルコールの中でも比較的ワインが尿酸値を上げにくいと言われております。ただ、ビールを控えるだけでなく食生活の改善も必要です。

痛くなる部分は親指部付け根ではないのですか?

痛風の急性関節炎(発作)は、足の親指の付け根が最も頻度が高いのですが、その他の足趾や足関節、膝関節でも起こり得ます。足の甲でも関節炎を起こすケースも見受けられます。

血液検査値が痛みがあるぐらい高くても急激に尿酸値が4.5程度まで低下するのでしょうか?

痛風は、長年の高尿酸血症により関節内に析出した尿酸塩結晶が原因となって起きる急性関節炎です。ですから、血液中の尿酸値が一時的に低下しても、痛風発作が起きてもおかしくありません。関節内の尿酸塩結晶が消失するには、血液中の尿酸値を5~6にコントロールしても、半年ほどはかかります。その期間は、血液中の尿酸値が低値でも痛風発作が起こることにご注意下さい。

他の病気の可能性がありますでしょうか。

実際に診察や検査をしなければ診断をすることは困難ですが、高尿酸血症が確認され、誘因のない突然の急性関節炎であれば、痛風の可能性が高いです。痛風は、気長に高尿酸血症をコントロールする事が必要です。

痛風は遺伝するものですか?

必ず遺伝するというものではありませんが、高尿酸血症になりやすい体質は遺伝すると言われています。

痛風を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

痛風の実例紹介

PAGE TOP