令和の痛み治療【大転子滑液包炎】

大転子滑液包炎とは?

股関節の、大腿骨の外側の出っ張りを大転子と呼びます。この大転子と大臀筋(だいでんきん)腱(お尻の筋肉の大腿骨外側の腱)の間には、潤滑液のようなものを包み込んだ袋があり、腱の滑りをよくする働きをしています。これを大転子部滑液包と呼んでいます。

大転子滑液包炎の原因はなんですか?

跳躍動作が繰り返されるうちに、滑液包が摩擦によるダメージを受けて炎症を起こし、通常より腫れるため、通過する筋肉や靱帯がこの腫れた部分に引っ掛かるようになります。この引っ掛かる際にバネのような弾発現象と痛みを生じます。この弾発現象が起こらず、股関節の外側に痛みだけが出る場合もあります。これは、炎症初期に見られ、股関節外側の大転子上に圧痛があります。この段階では、運動中や運動直後の痛みを訴えますが、安静で軽快します。

大転子滑液包炎になる要因はなんですか?

「ももの骨」と「その上を覆う筋肉や腱」との摩擦による痛みですので、長距離ランナーに多いと言われています。運動中の不良姿勢、使い過ぎ、ケア不足、靴の問題などによって引き起こされます。

・筋肉のアンバランス(中殿筋(お尻の筋肉)の左右差など)
・不安定な路面でのランニング
・ランニングフォームが悪い(骨盤が左右に揺れるランニングフォーム)
・大転子部に直接的な外傷
・回内足等による足部のアライメント(バランス)不良
など

大転子滑液包炎の治療法は?

一般的には走りすぎが原因ですから、練習量の調節で対応できます。つまりは痛みのない範囲の練習量にとどめれば大丈夫です。ただし、あまりに痛みが続くようであれば「骨盤の疲労骨折」の可能性もありますのでレントゲン検査を受けることをお勧めします。

大転子滑液包炎を早く治すにはどうしたらいいですか?

上記とは別に、近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

大転子滑液包炎の予防法は?

一番有効なのは腸脛靭帯を介しての大腿筋膜張炎のストレッチです。これは、患部が左脚であれば、立位で両脚を右足を前にして交差させ、両腕を右側から足の方へ下垂させます。このとき、左の体側から膝の外側が伸ばされる感じがすると思います。反動をつけずに、ジワーっとさせるのがコツです。15秒から30秒以上を目標にしてみましょう。

モヤモヤ血管

肩・腕・肘・手

腰臀部股関節

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP