令和の痛み治療【外反母趾】

外反母趾とは?

外反母趾とは、母趾が外側に傾き曲がった変形をいいます。足の日常診療で最もよく出会う疾患の一つで、65歳以上の女性では3人に1人以上が外反母趾を発症していると言われるほどです。本邦では、単純エックス線撮影における外反母趾角(母趾基節骨と第1中足骨の成す角度)が20°以上の変形を外反母趾と定義し、20~30°を軽度、30~40°を中等度、40°以上を重度と定めています。しかしこの角度に満たない程度の変形であっても、疼痛や変形を訴え治療を必要とする患者は少なくありません。外反母趾は母趾だけの問題に限らず足全体の変化の一部と捉えて、他のリスク要因や足部全体の構造なども考慮して診察する必要があります。

外反母趾の原因は?

外反母趾の一番の原因は靴を履くことで、幅の狭いつま先が細くなった靴を履くと母指のつけ根から先が圧迫されて変形します。ヒールの高い靴はつけ根にかかる力が増えてさらに変形を強くします。10歳代に起こるものは母指が人差し指より長かったり、生まれつき扁平足ぎみであったりする外反母趾になりやすい特徴があります。最も多い中年期のものは履物に加えて、肥満と筋力低下などによっておこります。健常な足には縦のアーチだけでなく横のアーチがあります。外反母趾ではこれらのアーチが崩れて扁平足になると、中ほどにある母指の中足骨が扇状に内側に開き、それから先の指は逆に靴で外側に圧迫されておこります。
またかかとから着地するのではなく、つま先や足全体を地面につけるような歩き方をしていると、足の親指の付け根に負担がかかりやすくなります。また内股の人も、歩いていると自然に親指の付け根に負荷がかかります。負荷を受けた親指は、徐々に変形して曲がっていき、外反母趾を引き起こします。
そのほかにも筋力の低下も要因となります。太古の昔は手と同じように、足も自由に物をつかんだり、横に広げることができました。しかし進化の過程や、生活習慣の変化などによって徐々に足の親指を横に広げるための筋肉が弱まり、足の横のアーチが崩れて全体的に横に広がることが多くなりました。足のアーチが崩れることで、足の親指の角度を保つ筋肉の力が低下して外反母趾を引き起こします。

外反母趾の症状は?

外反母趾の典型的な症状は、母趾の関節痛や変形突出部(bunion)の疼痛です。しかし母趾の疼痛以外にも、変形に関連してさまざまな症状を発生させる可能性があります。趾神経の圧迫による母趾内側のしびれ、ねじれた母趾で蹴りだすことによる爪トラブルをはじめ、変形が重度になると2趾3趾への接触や交差や足底圧増大などにより胼胝や疼痛、変形などを合併することも。このように外反母趾の増悪に伴い足底圧分布にも変化が生じ、2、3趾側にも影響を及ぼすようになります。一方、変形がかなり強くても受診相談時に疼痛がまったくない患者も多いのが現状です。醜形に対する嫌悪、履物の制限による悩み、変形進行に対する不安など、疼痛がなくても個々の生活環境によって悩みは異なります。

外反母趾を治療するタイミングは?

外反母趾は、変形しても痛みが出ないこともあります。しかし、そのままにしていると他の指などに負担がかかり、親指以外から痛みが出ます。足は28個の骨が筋肉、靭帯(じんたい)、腱(けん)などに支えられて形が作られています。足先の形が崩れることによって、しわ寄せが他にいくのです。治療は患者さんの希望が大切ですが、親指が中等度以上に曲がり始めたら治療を検討することをお勧めします。

外反母趾の治療方法は?

保存療法と手術療法があり、保存療法には①靴指導、②運動療法、③装具療法、④薬物療法があります。

保存療法
① 靴指導
痛みの軽減および変形の進行を抑えるため、拇趾のつけ根がフィットして指先はゆったりとした形で、ヒールは低く、柔らかい素材の靴が推奨されています。またアーチを補強するような形のインソール(中敷き)を併用することも有効です。市販のインソールが合わない場合、医師の処方の下、義肢装具士がオーダーメイドで作る方法もあります。
② 運動療法
ゴム紐を両足の母趾にかけて離す方向に力を入れるHohmann体操が有名で、軽度から中等度の外反母趾に対して痛みを軽減する効果が期待できます。また足の指でグー・パーを作って指を開く母趾外転筋運動も軽度から中等度の外反母趾に対して若干の変形矯正効果が期待できます。
③ 装具療法
痛いところを除圧するパッド、歩行時や夜間に使用する矯正用装具、靴指導でも述べたアーチを補強するインソールの3つに分けられます。いずれも痛みを軽減する効果はありますが、使用を中止すると痛みが再燃してしまいます。
④ 薬物療法
湿布、軟膏、クリームといった消炎鎮痛剤入り外用薬は他の保存療法と併用することによって痛みを軽減させることができます。

手術療法
変形が進み保存療法では痛みが抑えきれない場合は、手術療法の適応となります。前述のように手術の術式は多数あり、変形の程度、足全体の形、体形、年齢、関節リウマチなどの合併症の有無、仕事内容、入院できる日数などを考慮して最適な術式を選択します。最も一般的なのは骨切り術といって、中足骨の一部を切除して変形を矯正する方法ですが、切除の仕方もいろいろあります。それぞれメリット・デメリットがありますので、手術を受ける際には執刀医からよく説明を聞いてください。

外反母趾を早く治すにはどうしたらいいですか?

上記とは別に、近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

外反母趾を治癒させるために、日常で気にした方がいいことはありますか?

正しい歩き方でウォーキングをする
正しい姿勢で歩く習慣をつけたり、足の筋力を強化することは外反母趾の予防になります。まず、手を振りながら少し大股で歩き、かかとから着地しましょう。こうすると自然と背筋が伸びます。さらに、上から吊られているようなイメージで上半身をまっすぐにして、肩の力を抜くと全体の姿勢が綺麗になります。普段からこの歩き方を心がけて、少しでも多くウォーキングするようにしましょう。

自分に合った靴を履く
靴は(1)サイズ、(2)横幅、(3)かかとがフィットしているか、(4)つま先が曲げられるだけの高さの余裕があるかという4つのポイントを全て満たす物を履くと足に負担がかかりません。パンプスの場合は足先に余裕があって前に滑らず、かかともしっかり安定しているものを選びましょう。また、平日に仕事でパンプスを履いていることが多いという人は、休みの日はなるべくリラックスできる運動靴で過ごすことをおすすめします。

モヤモヤ血管

肩・腕・肘・手

腰臀部股関節

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP