令和の痛み治療【ハムストリング付着部炎】

ハムストリング付着部炎とは?

太ももの後面にある大腿二頭筋(だいたいにとうきん)半膜様筋(はんまくようきん)、半腱様筋(はんけんようきん)、これら3つの筋肉の総称をハムストリングと呼びます。 骨盤の坐骨結節から始まり、膝下の脛骨におよび、主に股関節を伸ばす、膝を曲げる動作を担っています。「ストレッチするとお尻に痛みが出る」という場合の多くが、ハムストリングス付着部炎(PHT)です。これはハムストリングスに過度な牽引力が加わることで腱の付着部である坐骨結節に炎症が起こったものです。ダンサーの場合、バットマンやアラベスク・パンシェ、グランジュッテなどでなりやすいですが、ウォーミングアップが不足した状態でストレッチを行うことでも起こります。 無理にストレッチやバットマンなどの動作を行うと、付着部の剥離や炎症が更に進行する場合もあるので注意が必要です。

ハムストリング付着部炎の症状は?

主な症状は座っているときやスポーツ時の臀部の痛みです。座った状態で座面にぶつかる骨の部分(坐骨結節)に違和感や痛みが生じます。ランナーであれば負荷を上げた時に痛みが増す、あるいは痛みのために負荷が挙げられないなどの症状があり得ます。また深くかがみこんだ時にも痛みが生じることがあります。また、ハムストリング付着部炎では瘢痕組織が生じ、近傍を走行する坐骨神経に沿った放散痛を生じさせることもあります。

ハムストリング付着部炎の診断はどのようにするの?

問診により痛みの部位や性質、これまでの症状の変化などを聞くことに続き、身体所見として坐骨結節に圧痛があるかどうかを調べます。また画像検査ではレントゲン検査により、臀部痛を生じさせる他の原因(変形性股関節症など)の有無を調べます。MRIによりハムストリング付着部にどの程度の損傷が生じているかを評価することで診断します。

ハムストリング付着部炎の治療はどのように行いますか?

受傷直後は患部の腫れを最小限に抑えるためアイシングと圧迫固定をおこないます。急性期後は腫れを早くひかせるための鍼治療やオイルを使ったマッサージをおこないます。また早期からのリハビリテーションと患部外トレーニングも行います。早期からおこなうことで筋萎縮(筋肉が弱く細くなること)や結合組織(筋肉の中にできるしこり)の増殖を最小限に抑え、治癒を早めることが可能です。中期から後期にかけては、ハムストリングの左右のバランスを考慮したトレーニングや、神経筋反射を利用したリハビリテーションで、協調性を高めるトレーニングを行います。左右のみならず、大腿四頭筋とハムストリングスの筋力バランスも整えるようにトレーニングメニューを微調節する必要があります。大腿四頭筋とハムストリングスの筋力差が90%以下になると、ハムストリング損傷のリスクが高くなります。これらの繊細なアスレティックリハビリテーションが受傷後の再発を防ぎ、良いコンディションでの競技復帰を可能にします。

ハムストリング付着部炎を早く治すにはどうしたらいいですか?

上記とは別に、近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

肩・腕・肘・手

腰臀部股関節

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP