令和の痛み治療【膝靱帯損傷】

膝靱帯損傷とは?

膝関節を安定化させている靱帯は、内側の内側側副靱帯、外側の外側側副靱帯、膝関節脛骨の前方から大腿骨側に向かう前十字靱帯、脛骨の後方から大腿骨側に向かう後十字靱帯です。急なSTOP動作や方向転換の際に膝をねじることで発生します。外側、および内側側副靱帯は、膝が左右にグラつくのを抑え、前十字靱帯は膝から下が前に出ないようにストッパーの役割を担っています。そして後十字靱帯で膝の安定性を保っています。内側側副靱帯や前十字靱帯が断裂した場合、膝の安定性が失われてしまい、踏み込んだりする動作や切り返しが困難になります。また、半月板の損傷などの合併損傷を引き起こす可能性もあります。

膝靱帯損傷の原因は?

ラグビー、アメフト、柔道などの衝撃がかかるスポーツだけでなく、バスケットボールやバレーボールなど急激な方向転換動作やジャンプの衝撃等によって受傷することもあります。自転車やバイクなどの交通事故、転落などでも受傷します。膝への外力の加わり方によって様々な靱帯の損傷をきたします。受傷すぐの時期は、膝関節部の疼痛、腫脹、圧痛等がありますが、急性期を越えると腫脹は軽減する代わりに、膝崩れや膝の不安定感が現れます。

靱帯損傷と靱帯断裂の違いは?

靱帯は大きく分けて側副靱帯と十字靱帯に分かれており、それらの靭帯がバランスをとりながら膝関節を支えています。ですので、一部が損傷または断裂してしまった場合には、一方に強く引っ張られてしまう事になってしまい膝関節が不安定になります。靱帯損傷は少し傷ついた程度であれば一時的な痛みが出る程度で、日常生活に大きな支障は出ず、次第に痛みも引いていきます。しかし、靱帯が完全に切れてしまった状態の靱帯断裂の場合には、激しい痛みを伴います。その後の日常生活でも階段の上り下りや正座でも痛みを感じ、膝関節の不安定感が出始めます。

膝靱帯損傷の診断方法は?

靭帯を痛めた状況や膝の状態を確認し、徒手筋力テストを実施します。徒手筋力テストとは個々の筋力の低下について評価するほか、日常動作を介助なしに行えるかどうかの評価や、神経障害の部位を知るためなどにも行われます。また、MRI検査で靭帯の状態を確認したり、エックス線検査を行うこともあります。エックス線では靭帯は見えませんが、周囲の骨の外傷や骨の位置のずれ具合を調べる際には有効です。

どの靭帯が損傷したかで保存的治療か手術を選択

治療方法は、保存的治療と手術療法の2つです。
保存的治療は膝装具やギプス固定による治療で日常生活動作やスポーツ活動に支障をきたすことが少ないことから主に内側側副靱帯、後十字靱帯は保存的治療が行われています。手術療法については、前十字靱帯は高いレベルのスポーツ活動を行うのか、また年齢や職業など社会的背景をふまえて手術療法が検討されます。手術療法では一般的に関節鏡を用いた手術による自分の腱組織を用いた靱帯再建術が行われます。後十字靱帯は保存的治療で日常生活動作や運動に支障をきたすことが少ないようですが、症状が残ってしまう場合には靱帯再建術が検討されます。術後のリハビリテーションは医療機関によって異なるようですが、3~6ヶ月ほどのリハビリテーションで膝の可動域が向上し、筋力も増強してくればスポーツ活動へ復帰することとなります。

予防・治療後の注意

スポーツによる膝靭帯損傷を防ぐためには、運動する前に準備運動を行うことを習慣づけましょう。また、膝やハムストリング腱を鍛えることも予防につながります。手術を受けた場合は、適切なリハビリテーションを行うことが大切で、医師の指導のもと、少しずつ膝を動かしながら可動域を広げたり、筋力を回復する訓練を続けたりする必要があります。リハビリテーションは数ヵ月にわたってやる必要があるため、自己判断でやめず、運動が再開できるまでしっかり続けることが重要です。

膝靱帯損傷を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。但し、外科的再建術が必要と判断された場合、その代替にはなりません。保存的治療の方針とされた場合にご検討ください。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP