令和の痛み治療【脊柱管狭窄症】

脊柱管狭窄症はどんな病気ですか?

脊椎は、椎骨と呼ばれる骨が積み重なってできています。一つ一つの椎骨には穴(椎孔、ついこう)が空いており、1本の管のようになっています。これを脊柱管といい、その中には脊髄とそれに続く馬尾(ばび)神経が入っています。
しかし、老化などの影響で椎間板や腰椎が変形・変性して、脊柱管が狭まると、その中を通っている馬尾神経が圧迫されてしまいます。馬尾神経は、脚部の神経をコントロールしている神経なので、圧迫されると神経の働きが乱されて、足に痛みやしびれが起こったり、動きが悪くなったりするのです。
脊柱管の狭窄は、加齢性の変化で、椎間板の変性や骨の変形、靱帯の緩みなどが原因になります。また、生まれつき脊柱管が狭いために発症するケースもあるようです。一般的に、腰椎椎間板ヘルニアは若い世代に多く、腰部脊柱管狭窄症は40歳以上の中高年が発症しやすいとされています。ただ、下肢の血栓性静脈炎、動脈硬化症といった血流障害でも同様の症状が出ます。病院で正確な診断をしてもらいましょう。

脊柱管狭窄症はどのような症状がでますか?

この病気では、腰痛はそれほど強くありません。背筋を伸ばして立ったり歩いたりすると、脊柱管が狭まり、馬尾神経がさらに圧迫されるため、下肢のしびれ、足のもつれなどが生じます。200〜300m歩いただけでもこのような症状が出るので、長い距離を続けて歩くのが困難になります。
しかし、しばらく前かがみになって休むと、症状が治まり、また歩けるようになるのが特徴です。このように歩行と休息を繰り返す状態を「間歇性跛行(かんけつせいはこう)」といいます。特に、朝や寒い季節に症状が出やすいという特徴があります。通常、歩くことは筋力の強化に役立つとして推奨されますが、この病気の場合は症状を悪化させる可能性があります。腰部脊柱管狭窄症が進行すると、仰向けになっても足のしびれが起こって、からだを横にして背中を丸めないと眠れなくなるほか、排尿・排便障害を起こすこともあります。

脊柱管狭窄症の診断方法はどのように行いますか?

脊柱管狭窄症の診断では、神経学的検査と画像検査の2つの検査が行われます。
神経学的検査では、筋肉の力や反射を確認し、皮膚の感覚を調べ、筋力低下や麻痺がないかを調べ、障害のレベルを診断します。
画像検査では、まずレントゲン、MRI、CTを実施します。レントゲンでは、背骨全体の並びやバランス、骨の変形の程度などを見てゆきます。MRIでは、神経や椎間板が撮像されますので脊柱管狭窄の程度が最も良く確認できます。CTでは、骨の微細な構造が確認できますので、狭窄の生じている部位の状況を把握するために非常に有用です。
さて、画像検査で脊柱管狭窄が確認されたとしても、それが痛みやしびれに結びつくとは限りません。画像検査の結果のみで、急いで手術を受けたいという方もいらっしゃいますが、神経学的検査の結果とも照らし合わせて、本当にその画像検査の結果が痛みやしびれの原因なのかどうかを脊椎の専門医師によく確認しましょう。

画像検査で狭窄症と言われたのですが、どうしたらいいですか?

近年、MRIなど画像検査の進歩により、腰の検査で狭窄症が認められますが、症状は軽く日常生活にはほとんど困らない・・・という方もたくさん見つかるようになりました。手術を含めて治療の必要があるかどうかは、あくまで日常生活や社会生活をする上でどれだけ困っているかを判断の拠り所にするのがよいと思います。症状が軽い場合、治療の必要はありません。

脊柱管狭窄症ではどのような手術を行いますか?

大きく分けて除圧術と固定術の2つの方法があります。
除圧手術は脊柱管を圧迫している骨や靭帯や椎間板を削り、脊柱管の圧迫を解除する方法です。除圧手術の中でも、切開をして行う従来の方法と小さな傷から内視鏡を用いて脊柱管を広げる身体の負担が少ない手術方法があります。内視鏡を用いた手術が現存するもっとも侵襲の少ない手術方法です。
固定術は、背骨にぐらつきがある場合やすべり症により背骨のずれが大きい場合、腰痛が強い場合に行われます。固定術は、通常多くの場合大きく腰を切開する必要がありますが、近年は小さな傷で行う方法や、内視鏡を用いた身体の負担の少ない固定術も可能になっています。

脊柱管狭窄症と言われました。手術以外の治療法について教えて下さい。

重篤な神経症状、特に膀胱直腸障害や下肢の麻痺などを生じている場合は手術以外の確立された代替療法はありません。一方、『それほどの強い症状はないが、慢性的な腰痛があり病院では脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアと言われた』という場合が多くあります。その場合、画像で狭いからと言ってそれが悪さをしているということではなくて、全く別に腰痛の原因が存在していることが少なくありません。腰痛の原因の85%は不明という論文報告まであるほどですが、画像上狭くみえるとそのせいにされてしまいがちなのです。こうした場合、腰椎椎間関節、仙腸関節、梨状筋やその他の筋膜性疼痛症候群などが原因であり、いずれも手術以外でも治療可能であるばかりか、せっかく手術をしても痛みがとれないことがあります。痛みの原因が画像上の異常とは限らないので当然といえば当然ですが。まずは、本当に手術が必要な状態なのかどうかを適切な医師に判断してもらうことが何より重要です。詳細は他項に譲りますが、手術適応ではなかった場合、近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

腰椎すべり症と腰部脊柱管狭窄症の違いはなんですか?

腰椎すべり症は、腰の骨と骨の間にずれが生じてしまう病気です。ずれが起きることでその部分で段差が生じ脊柱管が狭くなり狭窄症を起こしてしまいます。腰椎すべり症には、加齢変化で起きるすべり症と若年期の疲労骨折が原因と考えられている分離すべり症があります。すべりの程度が大きいものや姿勢によって背骨がぐらぐら動くような不安定なものは腰痛の原因になることがあります。

治療後はどのようなことに気をつけたらいいですか?

加齢による脊椎の変化を予防するのはなかなか難しいですが、普段から筋力が落ちないように適度な運動を心がけることと、腰に負担をかけないような正しい姿勢を保つことが大切になります。神経の圧迫は、腰をまっすぐ伸ばして立つと強くなり、前かがみになると和らぐので、歩くときは杖やシルバーカーを使用すると歩きやすくなります。

モヤモヤ血管

肩・腕・肘・手

腰臀部股関節

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP