令和の痛み治療【三角骨障害】

踵周囲が痛い場合は、何を疑いますか?

踵といえば一般的にはアキレス腱周囲が痛むため、アキレス腱炎と思い込んでいる方が多くいますが、アキレス腱炎と今回説明する三角骨障害では、治療方針が大きく異なります。有痛性三角骨障害とは、ジャンプやボールを蹴ると言った、足首を伸ばす動作をする際に、痛みが足首の後ろ(アキレス腱辺り)に出現します。これは、足首の後ろにある三角骨と言われる骨が、足首の後ろで挟み込まれたり擦れることによって、足首の後ろに痛みが出現します。そのことから、後方インピンジメント症候群と言われることもあります。通常、三角骨は足関節にある距骨という骨の後ろにある過剰骨です。過剰骨とは、文字通り本来ない過剰にある骨です。珍しいような感じがしますが、三角骨は健常者の約10%にあるとされています。過剰骨は、通常無症状の場合がほとんどです。三角骨が形成された後の障害であるため、10歳代半ば頃(中学生〜高校生)から出現する可能性が高くなります。

三角骨障害の原因

三角骨障害は2つの条件が重なったときに生じます。1つ目の条件は足関節後方に三角骨があること。2つ目の条件は部活動などで熱心にスポーツをしていることです。とくに、若いバレエダンサーやサッカー選手に多く見られます。クラシックバレエのポアント(つま先立ち姿勢)やサッカーのインステップキック(足首を伸ばして甲でボールを捉えるキック)で、足の甲を強く伸ばす姿勢を何度も取るためです。足首を伸ばしたときに、足関節後方で三角骨が脛骨と踵骨の間に挟まれて可動域が狭くなると足首を伸ばしにくくなります。無理に強く伸ばそうとすることで、足首の後ろ(アキレス筋付近)に強い痛みが生じます。

三角骨障害の症状

主に、つま先立ちの姿勢や足の甲を伸ばすと足首の後ろ(アキレス腱周囲)に強い痛みが出ます。特に以下のような動作は、三角骨障害で現れやすい症状です。
・普段は痛くない。足を伸ばす動作だけが痛い。
・片足で踵上げをすると痛みがある。
・サッカーのインステップキックが痛い。
・バレエのポアント動作が痛い。
・空手の蹴り動作をするのが痛い。
・体操や新体操で、綺麗に足を伸ばそうとする動作が痛い。
・水泳のバタ足動作が痛い。

初期のうちは軽い痛みや違和感だけで、安静にしていれば回復することも多いです。しかし症状が進行するにつれ、次第に動作時に毎回痛みがあったり、重症になると歩行時に痛みを伴うこともあります。

三角骨障害の検査とは?

問診では部活動などのスポーツはもちろん、「どのよう時に、どこが、どのくらい痛むか」を伺います。つぎに、底屈テストで足首を強制的に伸ばして痛みや可動域を、レントゲン(X線)撮影やCT撮影で三角骨の有無や足関節後方の骨の状態を確認します。

三角骨障害の治療とは?

保存治療
①足関節の底屈を制限するサポーター
②薬物治療 局所麻酔薬とステロイド薬の局所注入
③スポーツ活動の中止や制限
クラシックバレエやサッカーなど繰り返し底屈が強制されるスポーツ傷害では、保存治療の効果は得られず手術が必要となる症例が多いです。

手術治療
保存的治療で改善しない場合に、三角骨摘出術が検討されます。内視鏡下を使用しての低侵襲な摘出術も可能です。術後はギプス固定や荷重制限は不要です。

三角骨障害を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。外科的手術が躊躇われる場合に限らず、外科的手術を行っても改善しない場合にも適応となります。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP