令和の痛み治療【変形性肩関節症】

変形性肩関節症とはなんですか?

肩関節は、肩甲骨と上腕骨頭より構成されています。このため、肩甲上腕関節とも呼ばれますが、この肩甲上腕関節の軟骨が変性して破壊が生じている状態が、変形性肩関節症です。この疾患の発生頻度には人種による差があり、欧米に比べて東洋人では少ないといわれていましたが、近年日本においても増加傾向にあります。その原因によって、一次性のもの(原因が不明なもの)と二次性のもの(原因が判明しているもの)とに分けられています。
一次性の変形性肩関節症は、下肢の関節(膝関節や股関節)に比べて、あまり多くはありません。その理由の1つとして、膝関節や股関節などの荷重関節(体重がかかる関節)に比べ、肩関節は非荷重関節(体重がかからない関節)のため関節面に負担がかかりにくい環境にあることが考えられます。また肩関節の接触面積はほかの関節に比べて小さく、それを補う形で大きな関節唇(関節面の周囲にある軟骨)と関節包があり、関節の適合性や強度を補っています。さらに肩関節では、周囲の筋肉や靭帯、腱が発達しています。このため肩関節は人体で最大の関節可動域(関節の正常な動きの範囲)を有していて、常に一定した部位に外力、ストレスが加わりにくい構造となっています。このような特徴によって、肩関節の軟骨はほかの関節より変性の発生頻度が少ないと考えられています。ただし一方で、動きの大きな関節であることから、変形が進行した場合には動きの制限が出やすい部位でもあります。
二次性の変形性肩関節症は、腱板断裂、上腕骨頭壊死(特にステロイドやアルコールを大量に服用している例が多くみられる)、関節リウマチ、上腕骨近位端骨折などが誘因となって発症しています。特に腱板断裂に伴う腱板断裂性関節症は、高齢化社会の進行に伴い、その頻度も増加しています。

変形性肩関節症の原因は?

変形性肩関節症は、骨折や脱臼などの外傷のほか、加齢に伴う骨・軟骨の老化などが原因で起こります。また、血流の悪化や、ステロイド薬の多量投与で上腕骨頭の骨組織が死んでしまう上腕骨頭壊死(こっとうえし)も原因になります。さらに、肩の腱板が切れてしまう腱板断裂によって正常な肩関節を維持できなくなり、変形してしまう人もいます。そのほか、ホルモンの異常などでも変形性肩関節症になることがあります。

変形性肩関節症の診断はどうやって行いますか?

関節の痛みを伴う変形性肩関節症は、関節の変形度をエックス線検査などで確認して診断します。また、変形性肩関節症は腱板の異常を伴うことも多いため、骨以外の軟部組織の状態を判別しやすいMRI検査も有効です。初期の変形性肩関節症の場合は、五十肩(肩関節周囲炎)などの疾患と鑑別が困難なこともあります。また、関節リウマチや痛風などの他の病気が疑われる場合は、血液検査を行います。

変形性肩関節症の治療方法を教えてください。

<保存的治療>
初期の変形性肩関節症には保存的治療(手術をしない治療)を行います。非ステロイド性消炎鎮痛剤(しょうえんちんつうざい)の服用や、関節内への注射などで痛みを緩和させます。また、温熱療法(おんねつりょうほう)や電気刺激療法(でんきしげきりょうほう)、関節を動かす練習(関節可動域獲得訓練:かんせつかどういきかくとくくんれん)、肩のストレッチ、筋力強化訓練(きんりょくきょうかくんれん)などの運動療法(リハビリ)を適切に行うことにより、痛みを軽減させることが可能です。

<手術的治療>
保存的治療を継続的に行っても肩の痛みが改善しない場合や、肩の可動域制限が大きく日常動作が困難な場合は、手術的治療が検討されます。初期の場合は関節鏡(内視鏡)で関節内の病的な組織を切除すると痛みは軽減しますが、すでに変形が進行している場合には、人工肩関節置換術(じんこうかたかんせつちかんじゅつ)または人工肩骨頭挿入術(じんこうかたこっとうそうにゅうじゅつ)が適応となります。
・滑膜切除術(かつまくせつじょじゅつ):関節内で増殖した滑膜や傷んだ軟骨片などを切除する手術で、より低侵襲の関節鏡での手術も可能
・人工肩関節置換術/人工肩骨頭挿入術:関節の痛みの原因であるすり減った軟骨と傷んだ骨を切除して、金属やプラスチックでできた人工関節に置き換える手術。痛みと関節の動きの大きな改善が期待できます。

変形性肩関節症を早く治すにはどうしたらいいですか?

上記とは別に、近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。変形が治るわけではありませんが、痛みを改善することは可能です。手術適応となるほど進行していない方、手術適応だが何らかの理由で手術を受けられない方、あるいは手術を避けたい方が対象です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

変形性肩関節症にもリハビリテーションは有効ですか?

肩関節の可動域制限に対して関節可動域訓練を行います。また、腱板筋のトレーニングを行うことで関節面にかかるストレス軽減を図ることができます。また、就寝時のポジショニングなど普段の生活で負担をかけないための指導を行います。人工肩関節置換後では固定期間があり、肩関節の周囲組織が硬くなるためリハビリテーションを行いますが、どの程度改善できるかは個人差が大きいとされています。

整体で治るものでしょうか?

整体やカイロプラクティックはおすすめはしません。理由は「症状の軽減はあるかもしれないが、症状を悪化させてしまう方も多い」からです。実は整体師やカイロプラクターと名乗る人たちが持っている資格は3ヶ月程度の受講でとれてしまう民間資格なのです。日本では、柔道整復師や鍼灸師、マッサージ師といった資格は国が指定する学校へ3年間ほぼ毎日通い国家試験に受かったものしか名乗れません。解剖生理などの知識が一定以上なければ危険であると国が判断しているということです。誰でも簡単に名乗れてしまうだけに、技術のレベルにとてもムラがあるのは想像がつくと思います。以上のことを踏まえると、カイロプラクティックや整体といったものを安易に選ぶのは少し考えものです。

変形性肩関節症の実例紹介

モヤモヤ血管

肩・腕・肘・手

腰臀部股関節

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP