令和の痛み治療【変形性肘関節症】

変形性肘関節症とは?

変形性肘関節症は、運動や労働などにより肘の中の軟骨がすり減り、次第に骨が変形する疾患です。初期は肘に負担がかかると痛みがありますが、進行すると骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨の棘があらわれ、肘の動きが悪くなり、日常生活の動作でも痛みを感じるようになります。時には関節の軟骨が剥がれ落ち、遊離体となって関節の中で引っかかったりします。さらに変形が高度になると、安静時にも痛みが生じるようになります。また、肘を走行する神経が圧迫され、手のしびれや脱力感が生じることもあります。

変形性肘関節症の原因

変形性肘関節症は、肘関節を酷使することが原因で発症することがあります。たとえば、肘を酷使する仕事に従事し、肘に継続的に負担が生じることがありますが、この際の衝撃によって軟骨が損傷を受けて変形性肘関節症の発症につながることがあります。また、肘関節に対して外力が加わり、骨折を起こした際に続発症として発症することもあります。その他にも、細菌などによる関節炎が原因となる場合もあります。年齢を重ねると関節を構成する各部位がもろくなりますが、加齢的な要素も発症に関与することがあります。

変形性肘関節症の症状

はじめは安静にしていると痛みは少なく、運動や作業など肘の曲げ伸ばしで関節に負荷がかかったときだけに痛みを感じます。変形が進行すると服の着替え、食事などの日常動作でも痛みを感じるようになります。変形が進行して神経の圧迫が起こると、手のしびれや手の筋力低下がおこります。障害が起こりやすい神経は尺骨神経(しゃっこつしんけい)で、この神経が圧迫を受けると手の小指側がしびれてきます。症状が進行すると手の間の筋肉が痩せてきて物をつまむ力が低下します。これを肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)と言います。

変形性肘関節症の診断・検査

レントゲン検査
関節の前方に変形があると肘の曲がりが悪くなり、後方に変形があると伸びが悪くなります。内側の変形は肘部管症候群を引き起こし、外側の変形は過去の野球肘の名残であったりします。

MRI・CT検査
軟骨の損傷や骨棘の形成具合、靭帯や骨のすり切れ具合などを詳細に評価します。

変形性肘関節症の治療

変形性肘関節症の治療は、痛みが強く、動きに制限があっても保存的療法が基本となります。ただし、神経に障害が起こると症状によっては手術治療が必要になります。

薬物療法
痛みに対し湿布などの外用薬や消炎鎮痛剤を服用し痛みと炎症の軽減を図ります。

理学療法
温熱療法、超音波治療などを行い、肘関節部の除痛と消炎をはかります。可動域を維持するための訓練や、進行予防のための筋力訓練などもあわせて行います。神経の圧迫によるしびれが出現した場合には低周波などの治療も追加して行います。

手術治療
保存的治療に並行し、肘の痛みが持続し、骨の変形が進んでいて、日常生活に支障をきたす場合は、手術療法が選択されます。手術では尺骨神経に悪影響を与えている骨棘と軟部組織を取り除きます。軽度~中程度の変形性肘関節症や肘の関節リウマチの場合は、傷んだ軟骨や骨棘を直視下または関節鏡視下(内視鏡)で切除します。変形や関節の動きが重度の場合は、金属やプラスチックでできた人工関節に置き換える「人工肘関節置換術」を行います。入院期間は、およそ2、3日となり、骨棘や軟骨の表面を取り除く場合は1~2週間の入院が必要です。

変形性肘関節症を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP