令和の痛み治療【変形性関節症】

変形性関節症とは?

変形性関節症とは、関節の間にある軟骨が擦り減ったことで滑らかに動かなくなり、関節の骨などが摩擦を起こして炎症を起こし、水がたまったりする症状のことです。また、骨棘(こつきょく)という骨に棘のような突起ができて関節が変形していきます。最初のうちは動いたときや立ち上がったときに痛みを感じるだけなので、見過ごされてしまうことが多いですが、症状が進行すると階段の昇り降りがしにくくなるなど、日常生活に支障が出てくることもあります。変形性関節症が特に起こりやすいのは、背骨、股関節、膝の関節などですが、首や手、肩などの関節も変形性関節症が起こらないとは限らないので注意しましょう。

一次性関節症と二次性関節症とは?

変形性関節症は一次性関節症と二次性関節症に分けられます。一次性は原因がよくわからない関節痛で、加齢や肥満などが原因で発症するとされています。年代では60歳以上が多く、男女比では女性のほうが多い傾向にあります。また、仕事やスポーツにも要因があり、重労働をしていた人は関節が変形している可能性があります。二次性関節症は、怪我や病気、つまりリウマチや関節構造などの損傷によって引き起こされるものです。変形した関節を、完全に元通りにすることはできません。しかし、なるべく早く病院を受診し、適切な治療を受けることで、痛みや腫れを軽減し、進行を抑えることができます。そのため、関節に違和感を感じたら、なるべく早く病院へ行くことをお勧めします。病院では、変形の状態や痛みの度合い、MRI検査などで診断します。

変形性関節症ではどのような症状が予想されますか?

変形性関節症になると、関節に痛みやこわばりが生じ、そのために移動が制限されるようになります。場合によっては、炎症がみられることもあります。関節を多く動かすと痛みが強くなることが多くあります。痛みは時おり強くなり、しばらくすると比較的楽になる場合もあります。また、寝たままや座ったまま長期間関節を動かさない場合には、こわばりが生じる傾向があり、ストレッチや運動をすると軽減されます。その他、湿気の多い天気の日にも痛みが強くなるようです。変形性関節症が進行すると、関節を使っていなくても痛みが出るようになり、痛みのために夜眠れなくなることさえあります。

変形性関節症の治療法の選択肢にはどのようなものがありますか?

関節の筋力や柔軟性を高める関節と筋肉を使った運動
関節の変性疾患に対する抗炎症剤
滑膜切除術(関節を覆っている組織(滑膜)の炎症を起こした部分を切除する手術)
骨切り術(関節近くの骨を切り、関節の向きや角度を矯正することで、傷んでいる部分への負担を軽減する手術)
人工関節置換術(変形した関節の表面を取り除いて人工関節に置き換える手術で、重度の変形性関節症に対して行われます。関節全体を人工関節に置き換える方法と、関節の一部だけを置き換える方法があります。)

変形性関節症を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP