令和の痛み治療【膝離断性骨軟骨炎】

膝離断性骨軟骨炎とは?

関節の中に軟骨が剥がれ落ちてしまう障害で、成長期の小中学生(性別では約2:1で男性に多く10歳代が好発年齢)に多く発症します。膝関節では大腿骨の内側が85%、外側が15%の頻度で、まれに膝蓋骨にも起こります。また、外側例では円板状半月を合併することもあります。

膝離断性骨軟骨炎の診断

初期には通常のレントゲンで写り難いので見落とされることがあり、特殊な方向からの撮影が有用です。さらに、CTやMRI検査で病変部の大きさや状態などの確認を行います。

膝離断性骨軟骨炎の治療

治療は、膝の離断性骨軟骨炎においては、年齢や病態によって、松葉杖による免荷や運動制限を主とする保存療法か手術かを選択します。学童期など低年齢の場合には、免荷や運動制限などによる保存療法を優先することも多いのですが、局所安静期間が6ヶ月を超えることも少なくないため、活動性が高く早期治癒を期待する場合や保存療法で症状が改善しない場合は手術が選択されます。

膝離断性骨軟骨炎を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP