令和の痛み治療【O脚・X脚】

O脚・X脚の原因

O脚は両膝が外側に彎曲した状態で、左右の内くるぶしをそろえても、左右の膝の内側が接しないこと、X脚は両膝が内側に彎曲した状態で、左右の膝の内側をそろえても左右の内くるぶしが接しないことを言います。一般に乳幼児の膝は生理的にO脚化しており、歩行開始後より徐々に外反していき、逆に2歳から6歳にかけてはX脚傾向となり、その後は外反が少し減少し7歳ぐらいで成人の下肢形態に近くなります。そのため幼少期に認められることがほとんどですが、青年期の発症も存在します。膝関節は、ひざ上の大腿骨と、ひざ下の下腿によって上下を挟まれた状態になっており、O脚の場合は外へずれようとする力が加わり、正面から見るとひざ関節の内側がつぶれて痛みが生じやすく、逆にX脚は内へとずれようとするため、膝関節の外側がつぶれて痛みやすい状態で、原因をたどると骨盤に行き着きます。

O脚・X脚の症状

壁に背中とお尻をくっつけて立ったときに腰の隙間に手がすぽっと入る「反り腰」の人は骨盤が前に傾きやすく、前傾した骨盤についた大腿骨が内側にねじれるので、X脚に。腰の隙間がほとんどない骨盤後傾タイプの人は、大腿骨が骨盤に対して外開きにつくので、O脚になりやすくなります。初期症状は外見上の異常のみですが、変形が高度になると痛みや機能障害を呈するようになります。生理的な変化は左右対称であり、痛みや機能障害などはありませんので、片側のみの変形では病的なものが考えられます。

O脚・X脚が改善しない理由

意識的に姿勢を整えたり、バランスよく筋力をつけることが難しく、根気強く続けていく必要があるためにO脚やX脚を矯正することはなかなか容易なことではありません。しかし、O脚は見た目が悪いだけでなく、放置してしまうと膝の変形や痛みを起こす「変形性膝関節症」の原因となります。また、足底や足首に負担がかかることで、「足底筋膜炎」や「外反母趾」などの変形や障害が起こることもあり、余計に歪みを強くする原因となります。

O脚・X脚の対処法

十分な問診を始め、歩行開始後であれば歩き方も観察しながら検査を行います。病的疾患が除外できた場合、生理的なものと診断された場合は自然に改善するため特に治療の必要はありませんが、病的な場合は保存療法と手術療法が必要となります。一般的に下肢の形態異常を矯正するための骨切り術が行われたり、変形の状態によっては、一時的な骨端線閉鎖を目的としたO脚では外側、X脚では内側に骨ステープル(医療用の骨釘)を挿入する固定術を施行することもあります。クル病のひとつであるビタミンD欠乏性くる病に対しては、ビタミンDを含む食品の摂取で予防できますが、それ以外は特に予防方法はありません。脚のゆがみは、日々における体の使い方の癖や骨盤の傾きの影響で作られます。自分の癖とは逆の方向に筋肉を鍛えることで、きれいな脚に整えることができますし、さらにO脚は「横広がり」X脚は「出っ尻」というお尻の悩みまで同時に解決できるのです。

O脚・X脚による痛み

O脚の状態は、どうしても膝の内側に負担がかかります。O脚は自然には治りませんから、この状態が長く続くことになり、関節軟骨は部分的にすり減り、骨どうしはこすれ合う状態になってしまいます。痛みもどんどん増してきます。O脚の場合とは逆で、X脚の場合は膝の外側に負担がかかるようになります。症状が進行すると、徐々に痛みをともなうようになります。軽症のうちは、歩き始めや、ひざを動かし始めたときに痛みます。徐々に症状が進行すると機械の油が切れたときのようなギシギシとした痛みが生じ、動かしているうちに少しずつ痛みが引きますが、動かしすぎると、また痛み始めます。
ひざの痛みのために、階段の昇り降りがつらくてできない、正座ができない、あぐらがかけない、走れない、長時間の立ち仕事ができないなど、運動や行動が思うようにいかなくなります。ひざの関節を深く曲げると痛みが生じるため、意識的に曲げないようになり、やがて関節の動きが悪くなっていきます。このような状態を「拘縮」といいます。さらにひどくなると、歩行そのものもつらくなり、日常生活にも支障が出てきます。

O脚・X脚による痛みを早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP