令和の痛み治療【足底筋膜炎】

足底筋膜炎と言われました。どんな病気ですか?

足底腱膜炎は、『朝起きて一歩目から痛い』『立ち上がる時に痛む』などの特徴があり、ふくらはぎやアキレス腱が固い、扁平足で長時間立ち仕事をする、硬い地面の上に長時間立つ、踵の高い靴をよく履く、足のアーチが過度に高い(あるいは低い)などが原因となります。踵と足指関節をつなぐように伸びている腱のいずれの部位でも痛みが出ますが、典型的には踵の内側の踵骨内側隆起という腱の付着部周囲が痛くなります。踵の骨に踵骨棘という棘ができることもあります。踵骨棘は必ずしも痛みの原因になるというわけではありませんが、小さな断裂と修復、炎症が続く、あるいは腱からの張力により骨が引っ張られることなどによりできると考えられています。つまり、長く続いた炎症の結果生じたものであるとも言えます。常に荷重がかかる部位ですので、一旦痛めるとなかなか治りません。ついには四六時中痛くなり歩けなくなる場合もあります。

足底筋膜炎の治療はどのように行うのでしょうか?

痛み止めや湿布、装具療法、ヒアルロン酸注射、ステロイド注射の他、体外衝撃波治療(難治性足底腱膜炎に対して2012年より保険適応)、PRP注射(多血小板血漿;自費診療)などがありますが、ステロイド注射は腱膜の断裂を招く恐れがあるため繰り返しの注射は避けなければなりません。体外衝撃波やPRP注射は新しい治療選択肢として提供されていますが、それでもなかなか良くならない場合が少なくありません。全く違うアプローチとして、炎症を長引かせている原因である病的新生血管(モヤモヤ血管)に対する微細動脈塞栓術(運動器カテーテル治療)が注目されています。血管に作用して炎症を鎮めるほか、組織の修復も促しますので既存の治療で傷ついた状態であっても効果が期待できます。

足底筋膜炎の運動器カテーテル治療はどのように行うのでしょうか?

足の付け根の血管(鼠径部の大腿動脈)から下向きに管を入れます。そこから細い管(カテーテル)を進めて、踵の標的血管から血管造影を行います。モヤモヤ血管を確認したうえで、一時塞栓物質を投与します。投与後、直ちにモヤモヤ血管は造影上消失します。複数の血管治療後、管を抜いて圧迫止血します。治療時間は20-30分、日帰り治療です。

足底筋膜炎の再発予防についてできることはありますか?

ほとんどの場合、足元に原因があります。再発予防には、負担の少ない靴を履く、ご自身の足に合わせてインソールを作成することが大変重要です。例えば、扁平足の方は、足底筋膜が常に引っ張られている状態ですので、インソールを使って、足のアーチをサポートする必要があります。また、つま先から踵までフラットなペタンコ靴は楽なようで、絶えず足に負担がかかることになるので避けたほうがよいです。普段最も使う靴について、まずは評価してもらうとよいでしょう。信頼できる靴屋さんを紹介してもらってください。他には、ストレッチなども有効です。それでも少し痛みが出てきた際には、無理をせず休ませてあげれば治ります。人間はもともと自然に治る力もあるからです。モヤモヤ血管治療を受けていただいた後は、自然治癒力も回復しますのでなおのことです。治療後は再発予防に努めましょう。

関連記事一覧

 
PAGE TOP