令和の痛み治療【足底線維腫症】

足底線維腫とは?

足底線維腫は足の裏の土踏まずにできる”しこり”です。別名レダーホース病とも呼ばれています。多くの場合は良性の”しこり”で、痛みがないケースがほとんどです。触ったり、押したりして痛みを感じなければ、特に病院に行ったりする必要もありません。痛みがある場合は、足底筋膜炎によって痛みが出ているケースもあります。足底線維腫と足底筋膜炎は併発するケースが多く、しこりによる痛みの場合と足底筋膜炎による痛みの場合があります。

足底線維腫はどんな症状?

基本的に無症状のことが多いです。あまりに大きくなって、荷重時に痛みを感じたり、足底腱膜が引っ張られることで違和感を感じることも。背伸びをするように足の指先で立とうとすると、足裏、土踏まずのあたりに強い痛みを生じることがあります。人によっては歩行時、ランニング時などで足指が反ると痛みを感じます。

足底線維腫症の「原因」は?

はっきりとした原因はまだ解明されていませんが、足底線維腫の原因は足底筋膜へのダメージの蓄積によってできることが多いです。長年の足底筋膜への負荷や、足に合わない靴を仕事などで長年履いていたり、重たい荷物を運ぶ仕事をしていたりする方などに多く見られます。また男性・太っている人・糖尿病を患っている人に発症しやすい傾向があります。

足底線維腫症の治療は?

歩行時や立位時に障害が出ない限りは、積極的な治療をしないことが多いです。当たったり、負荷を受けることで炎症を生じた場合は、消炎剤やインソールで対応することもあります。あまりにも大きいとステロイド注射や切除の対象になることもあります。

足底線維腫症の予防は?

足底腱膜に負荷をかけないようにインソールで足裏のアーチを保つことです。足底腱膜の微小な損傷の繰り返しで起こると考えられているので、ご自分で足裏をマッサージしておくのも効果的です。

足底線維腫症を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP