令和の痛み治療【仙腸関節炎】

仙腸関節障害とはどのような病気ですか?

仙腸関節は、骨盤の骨である仙骨と腸骨の間にある関節であり、周囲の靭帯により強固に連結されています。仙腸関節は脊椎の根元に位置し、画像検査ではほとんど判らない程度の3~5mmのわずかな動きを有しています。日常生活の動きに対応できるよう、ビルの免震構造のように根元から脊椎のバランスをとっていると考えています。中腰での作業や不用意な動作、あるいは繰り返しの負荷で関節に微小な不適合が生じ、痛みが発生します。仙腸関節障害は決して稀ではありません。一般的に、出産後の腰痛に仙腸関節障害が多いといわれますが、老若男女を問わず腰痛の原因となります。

仙腸関節は、どこにありますか?

腰椎の下に位置する骨が仙骨です。腰骨にあたるのが腸骨です。仙骨と腸骨の間の関節を仙腸関節と言います。

仙腸関節障害は、どのような症状がありますか?

片側の腰臀部痛、下肢痛が多くみられます。仙腸関節障害で訴えられる“腰痛”の部位は、仙腸関節を中心とした痛みが一般的ですが、臀部、鼠径部、下肢などにも痛みを生じることがあります。局所の痛みにとどまらず、関連痛を多く引き起こすのがこの障害の特徴です。また、ぎっくり腰のような急性腰痛の一部は、仙腸関節の捻挫が原因と考えられます。仙腸関節の捻じれが解除されないまま続くと慢性腰痛の原因にもなります。長い時間椅子に座れない、仰向けに寝られない、痛いほうを下にして寝られない、という症状が特徴的で、歩行開始時に痛みがあるが徐々に楽になる、正坐は大丈夫という患者さんが多くいらっしゃいます。腰臀部、下肢の症状は、腰椎の病気(腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア)による神経症状と似ているので注意が必要です。下肢の痛みは一般的に坐骨神経痛と呼ばれますが、仙腸関節の動きが悪くなり、周囲の靭帯が刺激されることでも、下肢の痛みを生じてきます。また、腰椎と仙腸関節は近くにあり、関連していますので、腰椎の病気に合併することもあり得ます。腰椎の病気に対する手術後に残った症状の原因となる場合もあります。

仙腸関節障害はレントゲンでわかるの?

仙腸関節炎は、整形外科で行われる様な一般的なレントゲンやMRI、CT検査において異常がみられないため、診断が難しく見逃されることが多々あります。痛みが強くでているのにどんな状態かわからなければ不安になりますよね。ただ、仙腸関節の役割や機能そのものについてまだわかっていないことも多く、治療方法も予後もさまざまな面において研究途上にある病気です。状態を細かく見ていく事が非常に重要になってきます。

仙腸関節障害の治療はどのようにするのですか?

炎症が強い時期には負荷をかけるような動きは制限して、場合によってはコルセットを装着して安定性を高めます。そして、湿布や内服薬の使用、ブロック注射、リハビリテーションなどを行うことで痛みの緩和を図っていきます。重症例で日常生活に支障をきたす例では、仙腸関節を固定する手術を行うこともあります。しかし、通常は保存療法で経過をみることが多く、手術を行うことはめったにありません。

仙腸関節障害を早く治すにはどうしたらいいですか?

上記とは別に、近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。仙腸関節障害はなかなか治りにくい腰痛の一つで、注射療法が効きづらいことを少なからず経験します。深部に位置する関節であり、その炎症の範囲も広いことから、正確に注射針を誘導することが困難であることが一つの理由です(透視下での注射など施設により工夫していますが)。一方、血管からアプローチする運動器カテーテル治療は骨盤に阻まれることなく患部に直接かつ広範に作用させることができるので、非常に効果的です。他の治療法が苦手な場所ですが、運動器カテーテル治療が得意とする場所とも言えます。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

 

仙腸関節障害を治療したあとは、どのようなリハビリテーションを行ったらいいの?

骨盤周囲筋のストレッチや筋力トレーニングで仙腸関節にかかるストレスの緩和を図っていきます。筋の問題としては、脊柱起立筋群や大殿筋など骨盤の動きをコントロールする筋のインバランスや機能不全などが考えられます。そのため、これらの筋の緊張に偏りがなく適切な位置に骨盤を保つことが仙腸関節にかかる負荷を軽減することに繋がります。筋肉の作用以外では、肥満などによりお腹が出てきてしまうと腰を反るような姿勢をとりやすくなります。それにより仙腸関節の圧迫を強めてしまい、変性を強めてしまう可能性が高くなります。そういった方に対しては栄養指導を行い、体重コントロールを図っていきます。体重を減らすためには、活動的なスポーツでもされていない限り、通常では食事を中心とした体重管理を行った方が有効です。特に糖質の過剰摂取が体重増加を招いてしまうケースが多くみられるため、まずはごはんやパン・麺類、あるいはお菓子やアイスなどの甘いものを控えると良いでしょう。

仙腸関節障害の実例紹介

モヤモヤ血管

肩・腕・肘・手

腰臀部股関節

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP