令和の痛み治療【種子骨障害】

種子骨障害とは?

足裏にある親指の付け根付近には「種子骨」という骨が左右に2個付いています。足裏に付着する腱の滑りを助けたり、体重の負荷がかかるときクッションの役割を果たす骨です。その骨の周囲が何らかの原因で痛むことを種子骨炎(足親指つけ根の痛み)と言います。

種子骨障害の症状

歩行やランニング等、踏み込んだ際に母趾球部に痛みが発生します。その部分を指で押したり、足の親指を強制的に手で反らすと痛みが出ます。症状が進行すると足を地面につけただけでも痛みがあり、歩行も困難になってきます。陸上競技やバスケットボール等よく走るスポーツに多いとされています。また、踏み込み動作の多い空手や剣道等の競技にもよく見られます。小学生~中学生に多く発症し、大人になると減少する傾向があります。

種子骨障害の原因

・走行、踏み込む動作が多いスポーツをしている
・働いているときにつま先立ちをよく行う
・よくしゃがみ込んで作業する
・たくさん歩く

どれも、足の指の付け根に負担がかかる動作を頻繁に行うことが特徴です。スポーツでいえば、陸上競技・バスケットボール・サッカーなどよく走るスポーツに多いです。よく踏み込み動作を行う、剣道・空手などの格闘技にも多いです。働いている方では、たくさん歩いたり、しゃがんだり、つま先立ちをしたりする機会が多いほど症状が出やすくなります。また、アスファルトといった地面の硬さなどの外的要因も、種子骨障害に繋がる原因として考えられています。
母趾の動きがかたすぎる・やわらかすぎる人も、種子骨炎・種子骨障害になりやすいです。母趾の動きがかたい足の場合、地面から垂直方向の押すような力が種子骨に加わりやすいため、炎症だけでなく骨折が懸念されます。母趾の動きがかたい場合、母趾列は大きく動くため反復的な擦るような力によって、炎症症状が生じやすいです。

種子骨障害の治療

痛みが強いうちは運動を一時休止し、足を安静にします。足の裏にかかる負担を軽減するために柔らかい素材でできた耐久性のあるパッドを靴の中に入れて使用します。パッドは母趾球部をくり抜いてあり、体重をかけたときに圧力がかからないようにします。足底筋に硬さがみられるときには柔軟性を取り戻すリハビリテーションをします。ほとんどのケースはこのような治療でよくなりますが、保存療法で効果がない場合には、手術で内側の種子骨を摘出することがあります。

種子骨障害を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。炎症を鎮めるほか、血行を改善したり周囲の組織を柔らかくしていくことにより症状を改善させます。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP