令和の痛み治療【捻挫】

足関節捻挫(靱帯損傷)って何?

足関節は関節包によって結合され、その安定性は関節のまわりの靱帯によって保たれています。段差やスポーツなどで足首を捻るとこの靱帯が断裂され、足首の安定性が無くなります。この状態を足関節捻挫といいます。足関節捻挫は、靱帯の断裂の程度や関節包の損傷の有無により第1度から第3度に分類されます。この程度の違いは、レントゲン検査で、足関節にストレスをかけてみたり、足関節の関節造影法で判断します。

捻挫の程度と治療法は?

【第1度の捻挫】
関節の痛みと軽い腫れがあり、傷めた靱帯を押すと痛みます。靱帯の一部の断裂で、関節包は傷んでいないものです。日常診療で最も多く見られるものです。治療は、湿布と約1~2週間の弾力包帯又は簡単な足関節固定装具で充分です。

【第2度の捻挫】
関節の腫れと痛み、運動の制限、軽い関節の不安定性が出ます。靱帯の部分的断裂で、関節包も傷んでいるものです。治療は、約3週間着脱の出来るU字キャスト(ギプス)で足関節を固定します。U字キャストは1日数回はずして受傷日から3日間は、RICE療法をします。RICE療法とは、R:Rest安静、I:Ice冷却、C:Compression圧迫、E:Elevation高挙の頭文字を取ったものです。氷のうで局所を冷やして、腫れを防ぎ、スポンジなどで局所を圧迫して出血を防ぎ、足を高くすることで血液やリンパの流れを良くする治療法です。受傷後4~5日目より、理学療法、タオルギャザー運動(足の趾でタオルを掴む運動)、7日目より足関節運動(特に腓骨筋筋力強化)を開始します。3週間でU字キャストを除去し、足関節装具をつけ、リハビリテーションを続けます。

【第3度の捻挫】
関節の腫れや痛みが強く、関節の不安定性が強くなります。靱帯の完全断裂で、関節包も傷んでいるものです。治療は、手術をして断裂した靱帯を縫い合わせます。又、受傷時に起きた剥離骨折も、手術をして元の位置へ固定します。術後ギプス固定は約5~6週間必要です。ギプス固定中も出来るだけ筋力の強化運動を続け、ギプス除去後はリハビリテーションを行います。

捻挫後の症状を軽くするには

まずは捻挫した方の足で片足立ちができるようになるまでは、ギプスなどの固定具でしっかりと固定しましょう。片足立ちができるようになったら固定具は卒業です。テーピングやサポーターに変え、日常生活を送ってもらいます。早く競技復帰するためには、患部以外のトレーニングをしておくことが大切です。患部に負担がかからない範囲で、足首周辺の運動や筋力強化をすることで、積極的にむくみを取っていきましょう。こうしたトレーニング後や電気治療の後は、アイシングを忘れずに。また、水とお湯に交互につかる交代浴も、痛みの軽減に効果的です。

リハビリの注意点

治療を続けると、ギプスや松葉杖から卒業する日が来ますが、競技復帰はもう少し先。徐々にリハビリをして復帰を目指します。リハビリの目的は主に二つです。
・関節可動域の改善
・再発予防のための正しい動作と筋力を身につけることです。
ギプスなどで足首を長期間固定していると、関節が硬くなってしまいます。そのままにしておくと、スムーズな走りができなくなり、後々の競技復帰の妨げになるので、正常な可動域を取り戻す必要があります。足首を振って動かしたり、ぐるぐると回したりといったリハビリを重ね、足首を動かしたときに左右差がない状態にするのが目標です。また、長期間動かさずにいると、足首周辺の筋力も低下してしまいます。これも競技復帰の大きな妨げですから、筋力トレーニングも欠かせません。それと同時に、捻挫を繰り返さないための正しい動作も学んでほしいところ。足首が内側や外側に傾きすぎないようにします。痛みがなくなり、リハビリで可動域と筋力を回復し、正しい動作を習得できたら、アジリティーテストです。これに合格すれば、晴れて競技復帰となります。

捻挫を放置するとどうなる?

靭帯が緩んだ状態のままスポーツを続けると、足首がぐらぐらして、足首の軟骨が必要以上に摩耗してしまいます。おじいさんやおばあさんが「膝が痛い」と言っているのを聞いたことがありますよね。あれは軟骨が加齢とともにすり減ることで、関節が変形してしまい、違和感や痛み・引っかかりを感じる「変形性関節症」という症状です。捻挫を放置すると、若いうちからこの症状に悩まされることになります。また、正しい動作を身につけないまま競技復帰して捻挫を繰り返してしまうと、普通に歩いていても不安感や痛みを覚えるようになります。関節の奥のほうが痛んだり、むくんでしまうこともあります。実際に捻挫をするときは、関節が抜けるような嫌な感覚とともに、亜脱臼気味の捻挫になってしまいます。これでは満足のいくパフォーマンスは到底できません。捻挫は放置せず、必ず病院で適切な処置を受けることが大切です。

捻挫の後遺症

捻挫の治療が早期に適切に行われなかった場合や、患者さんが諸事情で治療を受け入れなかった場合に関節の不安定性や痛みが残ることがあります。長期間が経過した後に関節の不安定性が残った場合には、保存的治療で十分に改善させることは困難です。この場合に確実に関節の不安定性を改善させる方法は手術療法です。手術の内容は、靭帯修復術や各種の靭帯再建術などの方法があり、関節の状態に応じて選択します。手術を望まないケースに対しては、リハビリによる関節周囲の強化、運動場面などでテーピングやサポーターを使用するという方法で対処します。また、捻挫に合併して関節表面の軟骨が損傷した場合、断裂した靭帯や剥がれた軟骨が関節内ではさまる場合などで痛みが持続する場合があります。この場合、内視鏡を使用した手術を考慮します。

捻挫後、なかなか治らない場合はどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。急性期を過ぎたにもかかわらず通常の治療で良くならない場合、後遺症となってしまった場合に検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP