令和の痛み治療【足関節捻挫】

足関節捻挫とは?

足関節に外力が加わって起きるケガのうち、骨折や脱臼以外の疾患を捻挫と診断します。捻挫はレントゲンで異常が見られないことが特徴です。足関節の軟部組織(靭帯や腱)や軟骨(関節軟骨・半月版・関節唇)などが断裂や損傷した状態であり、主に足関節外側靭帯という足関節のくるぶしの下側にある靭帯を損傷することが多いです。足関節外側靭帯は、前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯と3つで構成されており、捻挫の場合は前距腓靭帯を損傷することが多く、ついで踵腓靭帯の損傷となり、後距腓靭帯の損傷が起こることは稀です。

足関節捻挫の原因

足関節を内側に強く捻ることによって、足関節を支えている靭帯が伸ばされて損傷や断裂を起こします。スポーツでのジャンプの着地時に人の足の上に乗っかってしまい捻ることや、床で滑ってしまい足を捻ることがあると思います。接触プレーの多いサッカーやラグビー、野球、体操競技やテニスなどで多く見られます。また多くの捻挫は、2,3週間程度の安静で強い痛みは取れ、基本動作では痛みを感じることがなくなります。しかし、再度スポーツ活動等で負荷がかかると痛みや腫れ、ぐらつきが出てきます。このように適切に治療せず、負荷をかけ過ぎると悪化してしまうことも多く、最悪の場合は変形性足関節症にいたることもあるので、初期治療が非常に重要になります。

足関節捻挫の治療

足関節外側の外くるぶしの周辺、特に前方が腫れて、皮下出血を伴っている時は、外側靱帯損傷の可能性が高いです。初期の24時間はできるだけ冷却しておくと効果的です。病院受診まではしっかり冷やしておくのがよいでしょう。病院では診断後、軽症の場合は湿布弾力包帯固定を行います。その他の大部分は足関節機能装具を1ヶ月程度することで、ほとんどの疼痛はとれます。疼痛が強く装具だけでは歩行も困難な場合には、一時的にギプス固定をする場合もあります。疼痛が喪失した後も専門医に不安定性のチェックを受けます。特に前方引き出し症状が残っている場合にはさらなる装具療法とリハビリを平行して行います。陳旧姓の場合も足関節機能装具療法で事足りることが多いですが、不安定性が残存し、何度も捻挫を繰り返す場合には、手術(靱帯再建術)を受けた方が良いと思われます。

保存療法
腫れがひくまでは取り外しのできるU字型のギプスをつけ、その後、歩行ギプスをつけます。怪我から約3週間の固定を行います。その後、装具(内・外側に支柱のついたもの)を利用して、リハビリを開始します。怪我から6週間ぐらい経ってからジョギングを開始し、徐々に運動の量や強度を増やしていきます。スポーツ復帰は約3カ月後が目安です。

手術療法
切れた靱帯を縫合します。術後はやはり2〜3週間のギプス固定が必要となり、その後のリハビリは保存療法とほぼ同様です。もちろん入院が必要となりますが、2週間程度の入院が多いようです。 患者さんによっては必ずしも初めての怪我ではなく、2回目・3回目ということもあります。その時には単純に縫合できない場合もあり、靱帯を補強する方法や、再建する方法などを行うこともあります。足関節捻挫(外側靱帯損傷)を不適切に治療すると、痛みを残したり、不安定性(ゆるみ)が残ったりして、何度も捻挫を繰り返すようになり、スポーツ活動や日常生活にも支障をきたすことがあります。また、足関節の軟骨も傷めて変形性足関節症を引き起こすこともあります。そうならないよう、きちんとした初期治療を行い、整形外科を受診しきちんとした診断・治療をうけましょう。

足関節捻挫を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。尚、捻挫自体は急性の損傷・炎症ですので、ほとんどの場合1ヶ月以内に痛みは治まりますから急性期には適応外となります。1ヶ月以上経っても中々よくならない方、慢性痛に移行した方が対象となります。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

PAGE TOP