令和の痛み治療【棘上靱帯炎】

棘上靱帯炎とはなんですか?

棘突起という恐竜の背中にあるようなギザギザの突起が脊椎の一番後ろの中央にあります。この棘突起を上下につなぐ棘上靱帯が使いすぎなどによって炎症を生じた状態を棘上靱帯炎と呼びます。背骨は胸椎が12個と腰椎が5個ありますが、必ずしも満遍なく曲がったり伸びたりしません。そのためにある部位の椎体に分離症、骨棘などをきたすのですが、その部分のよく動く場所の棘上靱帯も炎症を起こすことがありえます。

棘上靱帯炎の症状は?

背骨の真ん中に痛みがあったり、症状の軽い患者さんはだるさ・痛みを訴え、重症の方は断裂して針で刺されたような痛みを訴えます。痛む場所は1~2個の棘突起に固定されており、棘突起の傍ら、臀部へ放散痛を発します。腰を曲げると痛みが増し、腰を曲げる事が出来なくなります。長時間腰を曲げていると痛み出し、脱力感の為に腰を伸ばす事が出来なくなるなどの症状が出ます。

棘上靱帯炎の原因は?

急性損傷:腰を曲げる仕事などをしている時に外からの圧力を受けると腰が前屈して靭帯が損傷・断裂します。
慢性疲労損傷:長期間腰を曲げる仕事をしていると靭帯は頻繁に牽引されてしまい、徐々に水腫・炎症・癒着が生じます。また靭帯は退行性変化が生じ、弾力性が低下するため、腰を曲げる時に損傷、疲労損傷を起こしやすくなります。

棘上靱帯炎への治療方法は?

まずは適度な体操をして靱帯をほぐし同じ姿勢をしないようにしてもらいます。痛みが強いときはステロイドホルモンの注射が症状を和らげることもあります。一度炎症が治ってしまうとその後はそれほど痛みを感じないことが多いようです。

棘上靱帯炎を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP