令和の痛み治療【顎関節症】

顎関節症とは?

顎は入り組んだ形と複雑な機能をもっており、筋肉と関節と神経が集中して下の顎を支えています。食事や会話をすると連動して動きます。この顎の関節が何かの原因で痛みが出たり動きにくくなるのが顎関節症と呼ばれるものです。最近は顎の関節に不快感を持つ方が増えています。顎が思い通りに動かずに食べ物が噛みにくい・顎を動かすと不快な音がする・痛みを感じて口が開かないなどの症状を訴える方が多いようです。さらに顎だけではなく、肩こりや腕・指のしびれ、偏頭痛などの不快感を持つこともあります。このように症状は多岐にわたり、患者さんによっては軽い症状から重い症状まで個人差が大きいのが特徴です。顎関節症の多くは適切な対処で、日常生活に支障をきたすことがない状態にすることが可能です。重い症状の場合に対処を怠ると病状が進行してしまい、顎の機能を修復できないこともまれにあります。とりあえずは早めの診察をお勧めします。

顎関節症の代表的な症状

顎関節に痛みが生じる・口を開けづらい・口を開く際に「カクッ、ゴリッ」というような不快な音が聞こえるというのが主な症状です。これによって、硬い食べ物を噛めない、口が開かないために大きな食べ物を口に入れられない、顎の音によるストレスを抱えてしまいます。関節円板がズレている場合は、顎が引っかかるような音や骨の変形によってこすれ合うような音がします。さらに症状が悪化してしまうと、口を開けようとしなくても顎関節や頬・こめかみなどの顎を動かすための筋肉が痛んでしまい、口が開かない、腕や指のしびれ、めまい、片頭痛、首・肩・背中の痛み、腰痛、肩凝り、さらには目・耳・鼻・歯・舌などにも違和感が出てしまうようなこともあります。

顎関節症の原因

顎関節症は、多くの要因が複雑に重なって発症する疾患です。
ストレス、歯ぎしり、食いしばり、歯牙接触癖、睡眠不足、姿勢、悪習癖(頬杖、異常な位置でかむ、顎の音をわざと鳴らす、舌の異常な動き等)、カフェイン・ニコチン・アルコールの摂取状況、かみ合わせ、個人の解剖学的特徴(筋や靱帯、軟骨、骨の形や厚さなど)などが含まれます。
昔は「噛み合わせが顎関節症のもっとも大きな原因である」という考え方が主流でした。しかし、近年では「噛み合わせは要因の1つにすぎず、むしろ影響は少ない」という考え方が主流になっています。噛み合わせが顎関節症のもっとも大きな原因であるという考えはかなり古く、世界的にも否定されていますのが事実です。また、噛み合わせの異常は「原因として」ではなく顎関節症の「結果として」起こることも分かっており、症状がきつい時に噛み合わせを扱うことは良くない場合もあります。

顎関節症の治療法

まず顎関節症の対症療法として、関節痛に対しては安静にしてもらい痛みが強い場合には痛み止めを投与します。筋痛に対しては、口を大きく開けるなどの筋ストレッチやマッサージなどをしていただくこともあります。慢性筋痛や広範囲の筋痛や痛みを敏感に感じてしまう症状に対しては、三環系抗うつ薬が効果的なこともあります。就寝中に食いしばりや歯ぎしりがある場合には、スプリントと呼ばれるものをつけて寝てもらい、顎のズレを修正する事から始めるのが一般的です。どうしても治らない場合には筋肉の過緊張を取り除く注射をすることもあります。

顎関節症を早く治すにはどうしたらいいですか?

近年注目されている運動器カテーテル治療という方法があります。痛みを長引かせている微細な病的新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)に直接アプローチする方法です。通常の治療で良くならない場合、あるいはとにかく早く楽になりたい方は検討されるとよいでしょう。

モヤモヤ血管

 

顔・首

 
 
 

肩・腕・肘・手

 

 

腰臀部股関節

 

 
 

 
 

その他

 
 
 
PAGE TOP