新型コロナワクチン接種による合併症「SIRVA」

SIRVA(シルバ)とは

SIRVAは、Shoulder Injury Related to Vaccine Administrationの略でワクチン接種後の合併症です。ワクチン接種に関連した肩関節障害と訳され、ワクチン接種後に生じる肩の急性炎症で、肩の疼痛の持続・可動域制限(腕が上がらなくなる、後ろに回らなくなる)が発生します。ワクチン筋肉注射後、接種部位の痛み、腫れ、筋肉痛、関節痛は通常2、3日で軽快していきます。長くても2週間以内に軽快することがほとんどです。しかし、そのような痛みが3ヶ月以上持続し、慢性疼痛に移行することがあります。

 

SIRVA(シルバ)はなぜ起こるのか

筋肉注射の手技により三角筋(肩の筋肉)の深い部位に認める滑液包(関節の近くにある液体で満たされた袋:三角筋下滑液包と呼ばれます)へのワクチンの不適切な注入によると考えられています。医療機関は新型コロナウイルスを押さえ込むために、ほぼ全国民に三角筋筋肉注射を行うという、いままで経験したことのないミッションを行なっているわけですが、このような有害事象が発生してしまっていることも事実です。

SIRVA(シルバ)によって引き起こされる「モヤモヤ血管」とは

炎症が起きている部位には、その修復の過程で血管が増えます。痛みの原因部位にできてしまう異常な血管が、血管造影画像ではかすんでぼやけて見えるため、この新生血管をわかりやすいように“モヤモヤ血管”と呼んでいます。モヤモヤ血管のそばには病的な神経も増殖していることが分かっています。これらが痛み信号を発するほか、病的血流が増えることで局所の組織圧が高まることなどにより、長引く痛みが引き起こされると考えられています。一般に、40歳以上になるとモヤモヤ血管を自然に減らす力が衰えてくるため、長引く痛みが生じやすくなります。

 

運動器カテーテル治療の有効性

手首や肘、足の付け根の血管から太さ0.6mmほどの細長いチューブ(これをカテーテルと言います)を動脈の中に進めていき、痛みのある場所に薬(塞栓物質)を投与します。一時的な塞栓効果であるため、正常な血管は一時的に流れが悪くなることがあっても自然と再開通しますが、病的な血管は正常な血管とは構造が異なり脆弱であるため、一時的塞栓物質であっても投与により退縮していきます。このように血管構造の違いを利用して痛みのある部位を治療していきます。体表面から注射をするよりも、直接的にモヤモヤ血管に作用しますから非常に強力な治療効果が期待できます。また、注射が困難な部位においても、正確にカテーテルを導くことにより、安全かつ確実に薬を届けることができます。繰り返し注射を続けると、それだけ組織を傷つけることになりますが、カテーテル治療では皮膚や筋肉、腱などの損傷を避けることができます。

治療費用について

当院のカテーテル治療は全て自費診療(保険適用外)となります。

片側295,000円(税込324,500円)

 

診察予約・お問い合わせについて

お電話でのお問い合わせも対応しております。お気軽にご連絡ください。

実例紹介

PAGE TOP